ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
タグ:exhibition ( 26 ) タグの人気記事
レインボーアワード選者7名
女子美スタイル☆最前線展のレインボーアワード選者7名。

お宝鑑定団、永井画廊の永井龍之介氏。
月刊「デザインの現場」の押金純士編集長。
「ART iT」小崎哲哉編集長。
横浜美術館学芸員の木村絵理子氏。
大村美術館館長・女子美理事長の大村智氏。
洋画家で本学学長の佐野ぬい氏。
美術評論家で本展覧会コーディネーターの杉田敦氏。

4時半からのパーティーにて賞発表!
昨年度の賞と発表の様子や選者のコメント
写真は昨日9日の設営の様子です。

a0026528_11283870.jpg
a0026528_1128553.jpg
a0026528_11291754.jpg

[PR]
by fantacl | 2010-02-10 11:29 | 美術と展覧会
月曜日は女子美スタイル☆最前線展搬入設営
やれやれ、一昨年度昨年度と実行委員長を務めた女子美スタイル☆最前線展。今年度は全班がドイツサバティカルだったので、副実行委員長です。 短大部、学部、大学院全体からの選抜で155点ほどが横浜BankArt NYK全館に集結します。2月14日までの5日間の勝負。大物インスタレーションもあり4メートルの天高からのつり下げ設営がこれまた大変なのです。でも、元郵船の流通倉庫のハードな空間でスポットを浴びた作品は学内での卒業制作展とは全く趣が異なって、生き生きとして見えてくるの不思議です。

いよいよ月曜日から搬入、現場設営開始です。10日の水曜日11時半からオープンします。4時半からパーティーです。今年のレインボーアワードや如何に! 
今年のメイキングと今までの様子は、女子美スタイル☆最前線展ブログhttp://joshibist.exblog.jpにあります。
 
[PR]
by fantacl | 2010-02-06 23:43 | 美術と展覧会
クロージングパーティーやります。
速いもので、銀座ギャラリー女子美でのヤマザキミノリ展も会期は今日を含めあと三日。

残念ながら23日は休廊ですが、24日夕方は、軽いクリスマスイブパーティー。25日夕方はクロージングパーティー風にワインなど用意ようと思います。両日とも6時半まで開廊しています。 師走、イブ、それぞれにお忙しいことでしょうが、金座にお買い物などありましたら是非お立ち寄りください。

☆詳細は二つ前のこちらの記事へ→ヤマザキミノリ・ドイツ研究滞在報告展
☆CUMOS立方体万華鏡については、こちら→CUMOS.JP
a0026528_13443682.jpg

※写真は、ドイツでの立方体ワークショップの様子パネルコーナー。

☆ヤマザキミノリ立方体万華鏡キューモスとユニバーサルアートワークショップの記録展示
2010年開講 女子美術大学アート・デザイン表現学科 ヒーリング領域教授 ヤマザキミノリ

今から35年前、1974年に私が学生の時に考案した立方体万華鏡は今、ユニバーサルなアートとして日本国内のみならず世界へ広がろうとしています。誰でも創作する喜びに触れることができる立方体万華鏡ワークショップですが、昨年に続き今年もドイツやポーランドのこども病院その他で活動する機会を得ました。長期入院のこども達や患者にとって、クリエイティブな体験は身体から沸き起こる治癒力を高めます。

70年代後半から80年代いっぱい、アクリルミラーを使った約3000箱のキューモスを手作りし販売してきました。新聞や雑誌でも取り上げられた”立方体ののぞき箱”は90年代から2000年にかけて、中学や高校の理数系の教材として現場発生的にポリカーボネートミラーを使ったタイプが開発されました。この薄くて加工しやすい仕組みのお陰で、既に二万人を超える制作者がいます。

特に熱心にワークショップ普及に取り組む九州大学の園田先生が主宰するボランティア組織である”ユニバーサルアートプロジェクトふくろうの会”の助力で、中国やドイツ、ポーランドにも足がかりを持つことが出来ました。会では、チャリティーで国内外のこども病院や福祉施設での実施を積極的に行っています。一人一つずつオリジナルののぞき箱を作るワークショップを通した人々との交流を紹介させていただきます。
  
[PR]
by fantacl | 2009-12-22 13:44 | 美術と展覧会
■ヤマザキ ミノリ作品とドイツ研究滞在報告展のおしらせ
☆作品展といっても、内容は 作品展+ドイツ研究滞在ワークショップ報告です。
<開期>2009年12月15日(火)~12月25日(金)

□ 35年前の学生時代に私が考案した立方体万華鏡は今、ユニバーサルなアートとして日本国内のみならず世界へ広がろうとしています。誰でも作り手になり創作する喜びに触れることができる立方体万華鏡ワークショップ。今年はドイツやポーランドのこども病院で活動する機会を得ました。ポリカーボネート製ミラーを使い2時間ほどで組み立て可能です。創作する喜びは治癒力を高めます。オリジナルのcumos立方体万華鏡と、各地での交流の様子を交えてワークショップタイプを紹介します。
a0026528_10291438.jpg

a0026528_23275644.jpg

a0026528_23281063.jpg

a0026528_2330990.jpg
a0026528_23282989.jpg

<開催時間> 11:00~18:30   ※日曜・祝日休廊
<開催場所>  銀座gallery女子美
a0026528_23314458.gif

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-6 永井画廊6F
交通:東京メトロ日比谷線・都営地下鉄線 東銀座駅A2出口より徒歩30秒
   東京メトロ銀座線 銀座駅A6出口より徒歩5分
[お問い合わせ]
開廊期間中:Tel.03-5551-1900
開廊期間外:Tel.042-778-6111(代)
a0026528_10343338.jpg

※掲載写真は、ドイツ コットブス市Carl-Thiem-Klinikum小児病棟でのワークショップの様子。
                  ・・・大急ぎで作品作らないと!!
[PR]
by fantacl | 2009-11-28 23:35 | 美術と展覧会
☆NAIL EXPO 2008 世界最大級のネイルケア・ネイルアートの展示会
☆☆☆INTERNATIONAL NAIL EXPO 2008☆☆☆
a0026528_23401049.jpg

http://www.nail.or.jp/nailexpo08/index.html
開催日時:2008年11月16日(日)・17(月)の2日間.
10:00~19:30(入場受付は18:00迄)。
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)東5.6ホール
通常入場料:1日有効券/前売り¥2,000 当日券¥3,000 (※招待券あります)
主催:NPO法人 日本ネイリス協会(JNA) http://www.nail.or.jp/

★ お台場のビッグサイトで開催されるインターナショナルネイルエキスポ2008は、世界最大級のネイルケアとネイルアートに関する業界展示会で、二日間で三万人の来場者があります。

★ヤマザキは空間プロデューサーとして会場全体の方向性の企画コンセプトメイキングと主な施設のデザインに関わりました。今年のテーマは、伝統・アカデミアと革新・トレンドです。

★17日の月曜13時からは、マスコミでもよく放映されるネイルクイーン授賞式があります。DAIGOや倖田來未、米倉涼子、モデルの杏さんが出場予定ですが、入場制限があるかも!http://www.nail.or.jp/nailexpo08/nailqueen/index.html
a0026528_2340329.jpg
a0026528_2341873.jpg

[PR]
by fantacl | 2008-11-11 23:27
東京デザイナーズウイーク2008が始まりました!
神宮外苑絵画館前広場で東京デザイナーズウイーク2008が始まりました。
5日間で10万人が訪れるといわれる最大級のデザインイベントです。

今年は、女子美メディアアート学科も試みとして出展しています。この二日間、搬入設営で会場に通いました。100%futures学生作品展会場の05番ブースがそれで、「触れる」をテーマにインタラクティブな4人の作品が展示されています。他にデザイン学科の環境デザインとプロダクトデザインの力の入った展示もあります。また、日産とのコラボレーションブースではメディアの三学生が参加しています。

メインのインテリアを中心とした100%Designや照明を特集した1005Lightなど世界の最先端デザインが大集合していて見応えたっぷりです。

[東京デザイナーズウイーク公式サイト]
http://www.design-channel.jp/tdw/

[]DESIGN CHANNEL]
http://www.design-channel.jp/
デザイナーズウイークの最新ニュースを伝えるサイト
[100%futures STUDENT EXHIBITION、DESIGN SANGAKUサイト]
http://www.design-channel.jp/pub100Futures.do
 
[PR]
by fantacl | 2008-10-30 10:47
LIGHT de NIGHT 10X10に参加します。
ヤマザキミノリが参加する光のイベント紹介です。
LIGHT de NIGHT 10X10 公式サイト
http://www.bluemoment.jp/
a0026528_2003340.jpg

五反田にある東京デザインセンターで10人のスペシャリストが10分づつ立て続けにプレゼンテーションをする「LIGHT de NIGHT 10X10」というトークイベントが開催されます。三年目なのですが、毎回350〜400人近い人が訪れ大盛況です。

今回いよいよヤマザキミノリもパネラーの一人として参加しプレゼンします。立方体万華鏡作品「CUMOS」を切り口に光の世界観について話します。お時間のある方ない方、幅広く光を考察する良い機会です。ぜひお出かけ下さい。

More つづきをよむ・・・
[PR]
by fantacl | 2008-01-15 01:47 | デザインとアート
個展は順調、明日はパーティー
銀座ギャルリーヴィヴァンでの個展もはや4日目。ブログやmixiから知って来場する人が多いです。初日の最初に来てくれた御夫婦は、80年代に銀座松屋や池袋西武でキューモスを販売していたときからのファンでした。おりにふれ立方体万華鏡やcumosという検索語で調べていたらしいです。いろいろな背景や技術情報をよく知っていたので驚きました。時間をかけて吟味され8センチ大の新作を買われていきました。有り難うございました。

mixiのコミュニティー経由と思われる若い人たちも目立ちます。やはりサイトからキューモスの情報を仕入れ済みで鑑賞している感じで、一つ一つ頷かれて見ていたりします。
DMハガキの柄の6センチのUniverseはありませんかと、来場すぐに指名で買いに来られる方も多いです。残念ながらUniverseは売り切れてしまいました。

写真は会場風景と手前のテーブル上の12センチ大新作CUMOSの内部です。

a0026528_051412.jpg
a0026528_052793.jpg
ギャルリーヴィヴァンのサイトにも展覧会紹介があります。
[PR]
by fantacl | 2007-11-30 00:05 | 美術と展覧会
mixiにcumosコミュニティーができました!
ミキシーにキューモスコミュニティーが立ちました!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2807359
お会いしたことはないのですがCUMOSファンのYASHIBAT TAKさんが作ってくれたのです。今日で運営6日目です、現在コミュメンバーが7人です。

mixiでいえば、万華鏡関連の各コミュにてヒーに個展の宣伝をさせて頂いています。「錯覚アート」や「万華鏡」のコミュでコメントが沢山着きました。その中で、80年代に西武や松屋でcumosを買ったという人二人に出会いました。今でも大切にしてくれているそうです。SNSの仕組みとパワーを実感しました。
キューモス個展を控えてうれしい限りです。
[PR]
by fantacl | 2007-11-22 08:53
四次元の立方体万華鏡 CUMOS 展 のお知らせ
12年ぶりに個展をやります。
11月26日から12月7日までの11日間、銀座6丁目のギャルリーヴィヴァンです。
33年前、大学1年の10月に考え出したアイデアの発展形です。
「ヤマザキミノリが1974年、芸大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が30年の時空を経て復活しました。昨年10月「大人の科学vol.13」で紹介され、再び注目を集めています。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。」
詳細は、以下のリンクにありますのでよろしくお願いします。
「四次元の立方体万華鏡 CUMOS 展」CUMOS(キューモス)の点線面
a0026528_1450725.jpg

■1974年、立方体万華鏡の発想のきっかけとなった芸大一年時の課題内容と記念すべき第一号CUMOSの写真と当時使用していたスケッチブックのページを公開しました。★FIRST CUMOSのページ
[PR]
by fantacl | 2007-10-16 14:54 | デザインとアート


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル