ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
タグ:blog ( 5 ) タグの人気記事
ブログオーナー ヤマザキミノリについて
MINORI YAMAZAKI  ヤマザキミノリ  (山崎稔)
造形作家、デザイナー
Public Art / Light Art / Christmas Illumination / Computer Graphics
空間・環境・光装飾芸術 イルミネーションデザイン
a0026528_15272633.jpg

 手のひらサイズの立方体万華鏡を発明し、作品化した三次元万華鏡cumosシリーズから始まって、鏡の無限反射を活用した等身大ライトアートオブジェFANTACLシリーズへ作品が進化しました。
そして、それらのイメージが巨大化して人を包み込むスケールの空間デザインや演出、公共建築に設置される環境芸術やモニュメント制作へと創造の領域が展開しました。

最近は、クリスマスのアトリウム装飾や演出、光と音がシンクロするクリスマスツリー、発光ダイオードLEDを多用した建築物へのイルミネーションデザインなどを受注することが多くなってきています。
また一方でコンピューターグラフィックスとは1982年頃からの関わりがあり、デジタルサイバースペースに広がる三次元CGイメージ画像を数多く制作してきています。

現在、女子美術大学メディアアート学科教授。2003年から7年まで、女子美アートミュージアム館長として杉並と相模原の両校地合わせて年間10本前後の展覧会企画の立案展示運営に関わってきました。 
a0026528_15282527.jpg

●Home Page ヤマザキミノリのインターネット美術館
■Artist blog ヤマザキミノリの作品アーカイブblog
▲講座関連情報blog cubic cosmos blog

◎学研「大人の科学マガジン14号"ステレオピンホールカメラ"」に掲載して頂きました。実は、昨年11月に編集部から作品撮影を依頼されました。附録の"ステレオカメラ"組み立てキットを使って、光りのオブジェ"FANTACL"シリーズや小諸ウインターイルミネーション"Fhrin Kazan"を撮影したのです。(2006年12月18日から発売されています)

さらに、
◎学研 大人の科学マガジン.netにヤマザキミノリ特集ページがアップされています。Fantacl Light Artシリーズのムービーを見ることができます。11月から12月まで女子美アートミュージアムで開催した「拡がるメディアアート展」のダイジェストも見ることができます。

E-mail = Minori Yamazaki

a0026528_213226100.jpg


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■ new CUMOS site CUMOS cubic cosmos scope ]
■ 万華鏡伝導 UAPふくろうの会
  
[PR]
by fantacl | 2007-02-19 21:23 | about Minori Yamazak
いこうかな、、、だが、はてな!
ターリー「おもくていけないよ〜」 リバティー「はってならいけるでしょ〜」
a0026528_21332173.jpg

●以前より、"はてなアンテナ"はほんの少し使っていたが、最近"はてな"の近藤淳也社長の「へんな会社の作り方」を読み、そのweb2.0の深度に感銘。

それから東京国立博物館で開催予定の「若沖と江戸絵画」のブログが、はてなダイアリーとフォトのサービスを使っていることでさらに注目。

2004年5月からjugemで始めたブログだが、このexciteに個人ブログを3つと、boxerblogで大学関係の3つの運用をしている状況は持ちすぎなくらいだけれども、やはりはてなのサービスを体験してみたくなったので、早速試用してみた。
◎ はてな のArdest blog ◎

若冲のトラがスキンになった大胆なデザインがお気に入り。キーワードのリファレンスリンク機能は他のブログサービスにはない。
なんといっても写真をたくさん撮るので、Fotolifeのアルバム機能が使いたい。Fotolifeサービスは、若冲展ブログが十二分に活用している様子をまねしたい。

その他の珍しい機能が盛りだくさんで、やはりもっともweb2.0的サービスと言えるのではないだろうか、、。でも、新参者には、にわかには分かりづらい、、、。

このfantacl.exblogもそろそろ無料30MBを使い切るところまで来てしまったので、ardest.exblogと合体した形で、はてなダイアリーへ移行をしようかと思う今日この頃である。

・・・といっていたら、そんなわたしの声を聞いていたかのように、なんと容量が1GBに増設されていました!
まるでねらい澄ましたかのよう・・・

このサービスは、6月1日から実施されたもので、条件はネームカードオプションを設定した人となっていました。

1GBなんて、テキストとjpegベースでは、きっと一生使い切れない、、、。
ムービーファイル対応にでもなれば話はべつですが、、。
さて、さて、「はてな」へ移行すべきかどうか悩みが複雑に!
[PR]
by fantacl | 2006-05-28 00:39 | ICT & WEB2.0
美術館博物館のネットによる情報発信のトレンド調べ
美術館博物館のネットによる情報発信のレベルを探ってみました。
業界を先導する大型館の例を引きますが、展示構成、展示品、様々なサービスをかなり徹底的に公開する方向が主流になっていると読み取れます。

◎東京国立博物館の7月開催の「若冲と江戸絵画」展コレクションブログにおける情報の露出には目を見張る物があります。
はてなのサービスを利用して作られた公式なコレクションブログでは公開前71日から一日一作品づつ、展示作品が最大800×967ピクセルの画像で、惜しげもなく公開されています。

ブログに明記してありますが、オープンまでジョー・プライス氏による出展作品109点すべての解説や美術展に関する情報を更新していく計画だということで、すでに7点がお得なティップス解説が付いて大きな画像データーで公開されています。これを見せられ、各出品作ごとのお得情報を事前に読んで勉強させられてしまうことで、さらにワクワクして、期待感が否が応でも高まり、絶対に必見の展覧会だと思わされてしまいます。

●東京国立博物館
■「若冲と江戸絵画」展コレクションブログ各画像の下に"大きい画像はこちらから"をクリックすると、、、

●というわけで、我が女子美アートミュージアムでも美術館ブログを作成しました。
まだまだ情報発信のレベルはこれからですが、、、。
[PR]
by fantacl | 2006-04-30 21:43 | ICT & WEB2.0
よわったことにPodcastが面白い。
Podcastが面白い。何がよわったかって、年初にiPod nano 2GBを買ったのは、語学反復練習のためだったのに、最近目的が変わってきてしまったからだ。
a0026528_2222953.jpg

このところPodcastというiTune Music Storeにあるラジオ番組のオンデマンドなダウンロードサイトが活況を呈している。当初はCNNやABC newsなどの英語ニュース番組が中心だったが、昨今、日本語での番組も急増している。

ラジオのAM放送は、野球中継と垂れ流し的おしゃべりばかり、FMは日がな一日どの局もポップスと聴くに堪えないDJばかり、、、。それに比べて、PODCASTなら信頼の置けるジャーナルや語学番組を聴きたいときに聴くことが出来る。

私がダウンロードして楽しんでいるのは、日経ニュース、読売新聞podcast、NHK News World Radio Japanなどのニュース番組。それから、TBSラジオ小西克哉ストリーム、伊藤洋一ビジネストレンドとRound upだ。なかでも政治や経済を的確に解説する住信主席研究員の伊藤洋一氏の二つのジャーナル番組は欠かせない。

私はまだ試していないが、個人でもブログをアップするのと同じようにpodcastのコンテンツアップが出来るそうだ。つまり、オンデマンドの一人ラジオ局が、簡単に実現できてしまう環境がそこにあるということだ。もちろん、ビデオでの番組、ビデオキャストもオーケーである。podcastを投稿したからといって、すぐにアクセスが集中するわけではないが、ブログと同じように編集発信側の自己啓発につながるだろう。

東京都現代美術館もMOT the radioという、展覧会企画を解説する番組を配信している。これは、広報予算のタイトな美術館などの施設にとっては、画期的なプロモーション手段だろう。大学美術館でも検討に値するメディアであることは確かだ。
 
[PR]
by fantacl | 2006-04-26 22:35 | ICT & WEB2.0
同じ空の下で
a0026528_18363620.jpg ちょうど満員のスタジアムでおこるウエーブのように、夕焼け空の移動に沿って、世界中で数千人だか数万人がデジカメや携帯で空を撮っている様子。友人のブログを見たらこの夕焼けと同じ空の下で撮った写真がアップされていた。同じような行動を同時多発的にやって、記録してサーバーに送り込んでいく時代なのだなって、、。

友人の画像の方がずっと優れた情景になっているのでそちらもぜひ訪問していただきたいものです。
美術の森
 
 
 
 
 
 
[PR]
by fantacl | 2005-05-18 18:36 | ICT & WEB2.0


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル