ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
タグ:Diary ( 91 ) タグの人気記事
2009年5月4日記 学びと発見の合宿 Entdekkendes Lernen
[ドイツサバティカル滞在記2009年6月4日]
 (※帰国して半年以上経ってしまった!!)  
明日は、ベルリンは人気のプレンツラウアーベルグ地区にある語学学校通いも最終日です。授業の後半は受講期間が終了間際の生徒が簡単な研究発表をすることになっています。それでミノリはこの際、サバティカルの目的でもある立方体万華鏡ワークショップについての報告をすることにしました。
造形活動の発端になった立方体万華鏡の歴史と、最近のワークショップまでの拡がりがちゃんと説明できるかが問題です。

↓こんな話をするよ、とメキシコ人のカルロスとスロバキア人のマヌエラに説明。
a0026528_0545268.jpg

↓立方体万華鏡CUMOSの始まりは、、、とたどたどしいドイツ語で報告。
a0026528_055552.jpg

↓素晴らしかった中級B1のクラスメート達。ああ、なつかしい、、。
a0026528_055158.jpg

ベルリンの語学学校タンデムは、何しろ授業料が安かったのです。姉妹校のミュンヘンタンデムより2〜3割安でした。そのわけは、この地区が旧東ドイツ側で、ミュンヘンより生活コストが安く結果として人件費が安いいことから来ているらしいのです。
でも、実は運営面や内容での差もあるということは、この後、ミュンヘンタンデムへ通い始めてから解ることですが、、、。

ドイツ語学校修了後、急いでフンボルト大学に戻り、ハルトムート先生と一緒に二泊三日の合宿ゼミに参加します。ベルリンの北50キロくらいの所にある湖畔の宿で20人ほどの先生方が、NHK教育テレビで放送しているピタゴラスイッチのような仕掛けを研究するのです。
Entdekkendes Lernen Werkstattといいます。次回はその報告です。
[PR]
by fantacl | 2010-03-15 01:04 | ドイツ滞在
月曜日は女子美スタイル☆最前線展搬入設営
やれやれ、一昨年度昨年度と実行委員長を務めた女子美スタイル☆最前線展。今年度は全班がドイツサバティカルだったので、副実行委員長です。 短大部、学部、大学院全体からの選抜で155点ほどが横浜BankArt NYK全館に集結します。2月14日までの5日間の勝負。大物インスタレーションもあり4メートルの天高からのつり下げ設営がこれまた大変なのです。でも、元郵船の流通倉庫のハードな空間でスポットを浴びた作品は学内での卒業制作展とは全く趣が異なって、生き生きとして見えてくるの不思議です。

いよいよ月曜日から搬入、現場設営開始です。10日の水曜日11時半からオープンします。4時半からパーティーです。今年のレインボーアワードや如何に! 
今年のメイキングと今までの様子は、女子美スタイル☆最前線展ブログhttp://joshibist.exblog.jpにあります。
 
[PR]
by fantacl | 2010-02-06 23:43 | 美術と展覧会
クロージングパーティーやります。
速いもので、銀座ギャラリー女子美でのヤマザキミノリ展も会期は今日を含めあと三日。

残念ながら23日は休廊ですが、24日夕方は、軽いクリスマスイブパーティー。25日夕方はクロージングパーティー風にワインなど用意ようと思います。両日とも6時半まで開廊しています。 師走、イブ、それぞれにお忙しいことでしょうが、金座にお買い物などありましたら是非お立ち寄りください。

☆詳細は二つ前のこちらの記事へ→ヤマザキミノリ・ドイツ研究滞在報告展
☆CUMOS立方体万華鏡については、こちら→CUMOS.JP
a0026528_13443682.jpg

※写真は、ドイツでの立方体ワークショップの様子パネルコーナー。

☆ヤマザキミノリ立方体万華鏡キューモスとユニバーサルアートワークショップの記録展示
2010年開講 女子美術大学アート・デザイン表現学科 ヒーリング領域教授 ヤマザキミノリ

今から35年前、1974年に私が学生の時に考案した立方体万華鏡は今、ユニバーサルなアートとして日本国内のみならず世界へ広がろうとしています。誰でも創作する喜びに触れることができる立方体万華鏡ワークショップですが、昨年に続き今年もドイツやポーランドのこども病院その他で活動する機会を得ました。長期入院のこども達や患者にとって、クリエイティブな体験は身体から沸き起こる治癒力を高めます。

70年代後半から80年代いっぱい、アクリルミラーを使った約3000箱のキューモスを手作りし販売してきました。新聞や雑誌でも取り上げられた”立方体ののぞき箱”は90年代から2000年にかけて、中学や高校の理数系の教材として現場発生的にポリカーボネートミラーを使ったタイプが開発されました。この薄くて加工しやすい仕組みのお陰で、既に二万人を超える制作者がいます。

特に熱心にワークショップ普及に取り組む九州大学の園田先生が主宰するボランティア組織である”ユニバーサルアートプロジェクトふくろうの会”の助力で、中国やドイツ、ポーランドにも足がかりを持つことが出来ました。会では、チャリティーで国内外のこども病院や福祉施設での実施を積極的に行っています。一人一つずつオリジナルののぞき箱を作るワークショップを通した人々との交流を紹介させていただきます。
  
[PR]
by fantacl | 2009-12-22 13:44 | 美術と展覧会
小諸小諸ひかりのファンタジー
11月13日から来年2月上旬まで点灯しているウインターイルミネーションです。高さ12メートルの骨組みは地元の竹を組んで作ってあります。電気は太陽光発電の余剰を使っています。駅前広場には10メートルの妹もあります。商店街を中心とする地元の方々の協力によってできあがっています。三年前よりデザイン担当をしています。
a0026528_2332832.jpg

a0026528_22283936.jpg

日曜日は北国街道沿いにゆっくり街を歩き、江戸の宿場町を彷彿とさせる修景を中心に取材してきました。もも路の中心から東の端のエリアに、高浜虚子の記念館と旧居がありました。太平洋戦争時代に70才だった虚子が疎開し約1000日を過ごしたそうです。
[PR]
by fantacl | 2009-12-20 00:01 | デザインとアート
パンク姉さんの床屋さんでドバーッと絶壁
2009年6月2日   ミノリン@ベルリンです。
"CUT+GO12EURO"
↓床屋さん近所のハッケッシャーへーフェ内の様子
a0026528_2339204.jpg

今日、残っていたアパート代一月分690ユーロを無事にVISAカードで決算できました。無事にって、この一ヶ月、アパートを借りているホテルの機械にカードが通らなかったので困っていたのでした。でも、1日のまさかのGMの破綻から急に円安になり、先々週に1ユーロ127円だった為替がするする~っと137円になった! 
なんと127円と137円の10円違いで、6900円も違ってしまうのです!!
ガ~~ン!!!ホテルのカード決済機がおかしくなければ支払わなくとも済んだ金額だと思うと少し頭に来ます。

頭に来たついでに今日は日本出発以来二ヶ月ぶりに床屋さんに行ってきました。
場所は、ベルリンの池袋、ハッケッシャーマルクトの裏手で、今までの写真でいうと、ナチに連行されるユダヤ人の群像がある旧ユダヤ人街の近くです。今日、そのあたりを再び訪ねたのは、安い床屋が多いと言うことと、元ユダヤ人の家の前の歩道に「ここは○○年までユダヤ人の誰々さんの家でした」と書いた金属プレートが設置されているのを探し歩いたのです。

そのプレートも10個くらい発見して写真を撮りました。そしたらそこから15メートルも行かない同じグローセハンブルガー通にCUT+GO12EUROとデカく書いてあるカットハウスを発見しました。地下にアートギャラリーも併設されていてなかなかカッコよかったし、すいていたのでエイヤッと入りました。
 ↓CUT+GO 12EUROの床屋
a0026528_2338342.jpg

最初になにを飲みますか?と聞かれて驚きました。コーラ?カフェ~?オーダーテー?ってきかれてハーブテー(ドイツではティーではなくテー)を頼みました。ちょっと花粉気味でイガイガしていたので、ほんと助かりました。80%金髪20%黒髪の入った(日本と逆)少しだけ中島美嘉似の派手なTシャツに黒く細いパンツルックで、パンクが入ったやせたお姉さんが担当してくれて、最初に洗髪です。洗髪は日本の美容院のように仰向けです。でも洗髪する手は、簡単なビニールの手袋をしてました。

そのあと、カットなのですが、うなじとか側頭部は2ミリのバリカンで、上の方は3センチのこして、日本ではソフトモヒカンていう髪型でお願いしま~すって、七八割は通じたであろう注文をしました。
オッケ~!みたいなのりで、"So Kurz!!"ゾ~クルツ! すご~いみじか~い!とかいいながら、どんどんバリカンが入りました。隣におばさんのお客が入って、現在ミノリンと二人並んで、横長の大きな鏡に映っています。おばさんに少し気を取られたりしている内にも容赦なくどんどんバリカンが入ります。
 ↓店内
a0026528_23384445.jpg

そして、一段落して、パンクのお姉さんが、手鏡を持ち出して、後ろ側とかどぉ~~?みたいに聞いてきたので、メガネがないと見えませ~んとかいいながらメガネを掛けると、そこには頭の上の面にふさふさとした草原が見えて、その周りが急に肌の見えるドーバー海峡のようなドバーっと断崖絶壁状態というか、とにかく頭頂部の水平面のみ3センチで、あとは一気に2ミリの絶壁なのでした!!

あれ~!?!よわったな~、こことここの差が強すぎるので、もっとソフトにグラデーションにできませんかぁ~、のようなことを必死にいって、少し直しが入りました。ドォ~~ぉ?って、まだ全然なだらかな繋がりになっていません。もう一回、もっと自然にビテ~!(お願い!)とだめ出しをしたのですが、いかんせん最初の段差がゲルマン的に絶対なのでもうダメです。
しょうがないのであきらめて、ソ~ソ~、ん~~グ~ト?!?(まあいいんじゃな~い)なんて曖昧な妥協をして、まっ所要時間25分で洗髪にお茶付き、中島美嘉似で12オイロ(1600円)ならしょうがないや~~とその場をあとにしました。

これで帽子着用率を上げれば、また二ヶ月はだいようぶでしょう、、、トホホ、、、。

 ↓旧ユダヤ人街グレートハンブルガー通り近辺
a0026528_23381980.jpg

↓元ユダヤ人家族が住んでいたことを物語るプレート
a0026528_2339674.jpg

↓ドバーッと絶壁の頭。TANDEM Berlinのクラスで、カルロスとバルバラ先生
a0026528_073125.jpg

[PR]
by fantacl | 2009-11-21 23:39 | ドイツ滞在
ドイツ連邦共和国建国60周年記念イベント
2009年5月24日記  ミノリン@ベルリン
5月24日は、なんとドイツ建国60周年祭で、ブランデンブルグ門周辺で大イベントが開催されました。ぼんやりしていて忘れていたところに夕方ドイツ在住の友人からメールが入っていて気がつきました。バレンボイムが仮設テントステージで第九を振るというのです。
a0026528_23283637.jpg

↓第二次大戦直後のブランデンブルグ門
a0026528_23222531.jpg

結局駆けつけたのは夜の8時、すでにバレンボイムは去った後で、ロックコンサートになっていました。とにかく前に進めない。係の人がすり抜けるあとを伝って何とか門の奥に進みました。
a0026528_23224319.jpg

人がごった返していて、ブランデンブルグ門からティアーガルテン方向に抜けるのに苦労しました。門から抜けて振り返ると門の両脇には仮設ステージが出来ていて、左右対の形でコンサートの会場になっていました。ところで「ごったがえしって」変な響きです。"Gotta Gaeschiterun"と書くとほとんどドイツ語ですね、、。
a0026528_23225363.jpg

ティアーガルテン地区は道の両サイドは、なるほど建国60周年なので、ほとんど行政関係の出展ブースでした。それでドイツ軍もちゃっかり装甲車や兵員輸送車を出してプロモーションしていました。
今年は、ベルリンの壁崩壊20周年でもあり、それらの関連イベントは11月9日のその日の前後に集中して開催されることになります。
a0026528_23304858.jpg

明日は、隣町のポツダムにある1745年に出来たサンスーシー宮殿に行ってきます。世界遺産です。サンスーシーって、フランス語だそうです。ドイツ語だとKeine Sorgeとなり「心配はいらない=憂い無き」という意味です。単純な響きはアウンサンスーチーさんみたいな、、、。
[PR]
by fantacl | 2009-11-19 23:23 | ドイツ滞在
トポグラフィーオブテラーはゲシュタポ本部跡地
2009年5月24日記  ミノリン@ベルリン  "Topography of Teller"
"Stiftung Topographie des Terrors"
a0026528_2329414.jpg
a0026528_23295276.jpg

●午後はトポグラフィーオブテラーというゲシュタポの本部跡地の展示を見に行ってました。ゲシュタポやSSがどのような悪事を働いたかと言うことを忘れないようにという展示です。元ゲシュタポ跡地にはなんと1961年にベルリンの壁が建ち、世界大戦と冷戦という二十世紀の歴史が二重に重なったところです。
a0026528_2330524.jpg

↓爆撃されたベルリンのポツダマープラッツ周辺。中心あたりがゲシュタポの建物。
a0026528_2330152.jpg

記念館をどのようなものにするかで紛糾して、2004年に一端ズントーという有名スイス人建築家のプランで建築が始まったのに、立派な建物はいらない、その名の通り「この場そのものが物語っているではないか」と反対運動があり、再コンペとなったところです。それで、せっかく建築途中でかなり出来ていたズントーの建物をわざわざ壊して、ずんと〜シンプルな新しい記念館を今建設しているところです(オヤジギャグを言っている場合ではない)。現在の展示は敷地内の露天に写真掲示されています。
↓ ズントー設計の記念館を壊しているところや、計画再検討のいきさつ掲示
a0026528_23302322.jpg

↓ベルリンの壁の手前の遺構がゲシュタポ本部地下の政治犯収容独房。
a0026528_23304431.jpg
a0026528_23305220.jpg

↓レンタルトラバントやさん
a0026528_233109.jpg

[PR]
by fantacl | 2009-11-18 23:32 | ドイツ滞在
ハンス・アイスラー音楽大学の公開演奏マナティーさん
2009年5月23日記  Hanns Eisler Music Hochschule
昨日はベルリン大聖堂とアパートの中間にあるここから5分のHanns Eislerという音楽大学に行って、公開指導を見てきたというか聴いてきました。ハンスアイスラー音楽大学は旧東ドイツの中心的音大で、公開演奏は100人ほど入るホールでありました。現在ベルリンには西側にあるベルリン芸術大学と旧東側のここという具合に二つの音大が存在しています。今回の公開演奏は大学院生の演奏を特任教授が指導する様子を6ユーロで公開するのです。ちゃっかりしてます。イタリア系の若いFabio Bidini教授は英語で、指導を受ける学生は多国籍です。

 ↓[ハンスアイスラー音楽大学の角からベルリン大聖堂をみる。]
a0026528_22474295.jpg

演奏は二人のピアノと一組の室内楽で、ショパンとブラームスのピアノソナタ、それからモーツアルトの室内楽三重奏でした。夕方6時から始まって9時まで公開指導に立ち会いました。もう一組あったので全部聞けば夜10時です。先生は一人1時間の合計4時間みっちり集中した指導で、3人でも汗だくでした。

最初のドイツ人とおぼしき金髪のキツネ似さんは、演奏が荒く基本的な姿勢を何度も直され、雑音が多くてまだ音楽になっていないとか、もっとここはファンタスティックに抑揚をつけてと手厳しくみっちり何度も直されながら50分指導が入りました。こんなのに立ち会って6ユーロは参ったなと思いました。

次の中国人とおぼしき、例えは悪いですがマナティー似さんは、ほんの5分ほどの演奏があり、あれ、うまいのになと思っていたら、すぐに先生がスピードのこや気持ちの乗せ方とか指導が入り、それからは10分ほどの独奏になりました。それは、なんというか音がこちらの心にす~っと浸透してくるというか、まさに音楽に浸るような感覚で、自然と目をつむって体に満ちる曲を楽しめました。

 ↓[イザール運河の向こう側すぐがハンスアイスラー音楽大学、右には共和国宮殿という名の旧東ドイツ国会があった]
a0026528_22465517.jpg

ブラームスのピアノソナタにこんなにロマンチックな曲があったのかと驚くほどでした。演奏が終わると本当に素直に強く拍手をしている自分に驚くほどでした。ホール全体もすばらしさにしばらく拍手が続きました。先生もウットリした顔で褒めていました。それからは、本当に丁寧な指導がまた30分以上続いたけれども、一つ一つ納得のいくもので、授業につきあわされていると言うよりも舞台を見ているような集中できる時間が続いたのでした。ああ、これは6ユーロではすごく得したと思いました。

時折はにかみをみせるマナティーさんは、強い指導の時にベロッと舌を出す癖があって、これを是非直して欲しいものだなあと、つまらないことを考えました。三番目は室内楽のピアノ、バイオリン、チェロのグループでしたが、比較的普通だったので省略します。

演奏家は普通の演奏が出来るようになるまでの時間が半端ではないです。毎日何時間もそればかりやってやっと普通の音が奏でられるようになる。でもその上に音楽性となると、これはハッキリ才能の世界でとても残酷です。キツネさんはおそらくこれ以上は難しいでしょう。マナティーさんは才能豊かで伝わる曲を奏でられます。ちゃんと音楽になっています。でもデビューできるかどうかはまだだれも分かりません。

、、、などとおもいつつ、では美術の状況ではどうなんだ、そもそもそれでは自分はどうなんだと、堂々巡りが始まるのでした。

 ↓[社会主義経済の父マルクスとエンゲルスの像も今後どうなるのかな? 向こうはベルリン大聖堂]
a0026528_224772.jpg

[PR]
by fantacl | 2009-11-18 22:51 | ドイツ滞在
ベルリンの面白さとは。カモ一家の悲劇、、。
2009年5月19日記  
ベルリンの面白さを色々書いてきましたが、興味深い歴史の蓄積はベルリンに限ったことではありません。
何処に行ってもそれなりの人の暮らしの痕跡が転がっているものです。
たとえば、去年の10月にゼミ生を連れて、一泊二日で西日暮里から谷中、上野、本郷を歩きました。岡倉天心の日本美術院発祥の地、狩野芳涯の墓、徳川慶喜の墓、夢二と恋人が歩いた池之端などなど、それはそれは、様々な断面を発見して、下町歩きの面白さを実体験できました。

↓[外務省前にあるクマの親子の彫刻]
a0026528_23105894.jpg
a0026528_23111758.jpg

ベルリンが他の都市と違うとすると下記の要因と思われます。

1.プロイセンの首都でヨーロッパの芸術・学問の中心として栄えた。
2.第一次第二次大戦の大本営であった。
3.ホロコーストの総本山だった。
4.その結果、大戦で徹底的に破壊された。
5.傷も癒えぬまま20年前まで東西冷戦の市街最前線だった。
6.上記の資産と負の遺産の間で、ドイツの首都にとどまらずEUの中心として
  再生を図ろうとしている。結果、色々な物や人が流入し、交差共存している。
7.ドイツ人の律儀さで、過去の資料が徹底的に保存され整理されているので、
  破壊を免れたいろいろな資料が出てくる。
8.いまだに破壊以前の元の姿をあちこちで再建しようとしている。

↓[泊まっていたアパートと外務省の間にある運河に来た白鳥]
a0026528_23114075.jpg

↓[泊まっていたアパートと外務省の間にある運河にいたオシドリ夫婦]
a0026528_23114836.jpg

これらがない交ぜになって不思議と人を引きつけるのだとおもうのです。
東京も、天災人災の荒波にもまれたという意味では、他に比べられないほどの経歴なのは勿論です。江戸の大火、関東大震災、東京大空襲と何度も灰燼に帰していますが、その痕跡や傷跡はほとんど塗り替えられて、むしろ探すのに苦労するのではないでしょうか。

↓[泊まっていたアパートからみえる外務省屋上にある風見のオブジェ人間]
a0026528_2312838.jpg

↓[泊まっていたアパートからみえる外務省の長い建物とベルリン一古いユングフェルン橋]
a0026528_23122036.jpg

↓[泊まっていたアパート前運河で起きたカモ一家の悲劇。六匹の小ガモが滝の下に落ちた!]
a0026528_23123286.jpg

↓[カモ一家の悲劇。親が滝の下に行くが小ガモは上に戻れない。上には家があり二羽の兄弟がいる。結局親ガモは下流に落ちた6羽を見捨てることになった、、、]
a0026528_23124748.jpg

たった1メートルの堰の落差が8ッ匹のカモ兄弟を悲劇に落とし込んだのでした。動物保護や環境保護にうるさいドイツの中心で、小ガモたちは家に戻ることが出来なくなりました。次の日は、下の運河に二羽ほどピーピーと鳴き声が聞こえましたが、三日目には一匹も見あたらなくなってしまいました。その後、上に残った二羽も結局滝から落ちてしまって、全滅と言うことになっていまいました。カモ一家の巣が滝からそう遠くないところだったことが問題ですが、この悲劇はもしかすると毎年のように繰り返されているのカモしれません、、、。
[PR]
by fantacl | 2009-11-17 23:16 | ドイツ滞在
小諸イルミネーション点灯式
●「小諸ひかりのファンタジー2009」  点灯期間:11月13日〜2月14日小諸駅前広場
a0026528_23344745.jpg

今年も、長野県小諸市のウインターイルミネーションが市民ボランティアの皆さんの手作りで完全しました。

わたしがデザイン担当を仰せつかって3年目になります。
12メートルのツリー構造は4年前の開始時から地元産の竹を使っています。電気も太陽光発電の余剰エコグリーン電力を買う仕組みです。
発光ダイオードは約七万球ですが、過去四年間買い増しして、一部古い物を廃棄する新陳代謝の結果、ずいぶんと豪華になりました。来年2月まで小諸駅前を飾ります。
a0026528_2335858.jpg
a0026528_23351948.jpg

今回の点灯式は、地元の小学生の合唱や商業高校のブラスバンドの演奏で市民の参加者が多くて素敵でした。
a0026528_23353476.jpg

※以下は東信ジャーナル社の記事から、
小諸駅前をイルミネーションで飾る「小諸ひかりのファンタジー2009-2010」は13日午後5時から点灯式を行う。主催は実行委員会(大西優子会長)。
 募金で行う市民参加のイルミネーションで、今回で5年目。女子美術大学のヤマザキミノリ教授の協力で、竹でつくる12mと10mのタワー型イルミネーションが特長。周囲に配置するイルミネーションも含めてLED7万球余を使用する。今回は市内小中学校の太陽光発電装置で発電された電力による「グリーン電力証書」を活用するため、使用電力は太陽光発電の電力とみなされる。市内の竹、市内でつくられた電力でエコを考える契機にする。
 13日は水明小合唱愛好部、芦原中合唱部、小諸商業高吹奏楽部がコンサート。とん汁のふるまいなどもある。駅前ロータリー隣停車場ガーデンでも29日にイルミネーションを飾って点灯式を行う。
 点灯期間は2月13日まで、時間は夕暮れから深夜0時半まで。

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000303463.html
a0026528_23354749.jpg
a0026528_23355771.jpg

[PR]
by fantacl | 2009-11-13 22:36 | デザインとアート


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル