ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
KIMONO 小袖にみる華・デザインの世界展@JAM
女子美アートミュージアム4月〜6月は着物の展覧会です。
室町から江戸期の小袖の特集です。ちょっと遠いですが、ぜひお越し下さい。
a0026528_11255673.jpg

名称:「KIMONO 小袖にみる華・デザインの世界」展
女子美術大学美術館ブログ 
 
開催趣旨
女子美術大学美術館では、近世の小袖41領と裂6点を展示します。小袖とは現在の着物の祖型となるもので、この形態は室町末期から桃山時代にかけて完成しました。その後、江戸時代には様々な染織技法が用いられ、小袖の限られた形態の中に、多彩で華やかなデザインの世界が展開されました。
本展では、近世の小袖のデザインと表現技法に焦点を当て、テーマ「友禅の華」「詩歌の華」「吉祥の華」「絞繍の華」「雅の華」「風景の華」「桃山繍箔の華」に添って展示を行います。小袖にみる華の模様をもとに、刺繍・染織技法・デザインの変遷をたどりながら、そこに込められた人々の美意識や願い、遊び心を読み取っていただこうという企画です。当時の優れたデザイン力と、完成度の高い工芸技術で制作された小袖の美を、鑑賞していただけることと思います。

主催 女子美術大学美術館
共催 女子美術大学研究所
監修 長崎 巌(共立女子大学教授)

協力 カネボウ株式会社、共立女子大学、国立能楽堂、泉屋博古館分館、東京国立博物館、遠山記念館
後援(予定) 相模原市、相模原市教育委員会、神奈川新聞社、財団法人日本ファッション協会、服飾文化学会、文化財保存修復学会、文化庁

開催期間 平成18年4月28日(金) — 6月11日(日) 39日間
       休館日 火曜日
       開館時間 10:00〜17:00 (入館 16:30まで)

会場 女子美アートミュージアム
 住所:〒228-8538 相模原市麻溝台1900 女子美術大学10号館1階
 交通:小田急線相模大野駅より、バス(神奈川中央交通)で女子美術大学行き、終点下車(約20分) ℡:042−778−6801 (直通)
 女子美術大 http://www.joshibi.ac.jp/jam
a0026528_1126887.jpg


★シンポジウムなど関連企画情報はこちら・・・
[PR]
by fantacl | 2006-03-31 11:26 | 美術と展覧会
はなの海 ひねもすのたり〜のたり〜かな
閑話不休 その三
「はなの海 ひねもすのたり〜のタ〜リ〜かな、、、」太亜利伊
a0026528_221679.jpg

「仰ぎ見る レンギョウの上 うわの空・・・Zzz....」
a0026528_23709.jpg

Grumins fun! ミノリン教授のぬいぐるみ講座
 
[PR]
by fantacl | 2006-03-27 21:36 | いたずらだ!ターリー
ミュージアムタウン フランクフルト
この間だよなと思ったことが10年前だったりすることがよくある今日この頃。
あーこの記事もなんと13年前!!! 
インターネットもブログもなかった時代だし、アーカイブとして投稿します。
(そんな時代だったのかって、今では不思議な気もするほどですね、、、)

ミュージアムタウン フランクフルト  Kunst Museum Frankfrut am Main

 中部ドイツ、マイン河が町の東西を貫くフランクフルトは、ドイツ商工金融の中心地として、又、文豪ゲーテ生誕の町として我が国でも有名である。
しかし、人口約70万のこの町に、大小40もの美術館、博物館の類が存在することは、それほど知られていない。なかでもマイン河畔は博物館街とよばれ、8 つの興味深い市立博物館がずら町と並び、その近くに更に5つの博物館が集中的に存在する世界的にも極めて密度の高いミュージアムタウンとなっている。
a0026528_12442259.jpg
美術関係の主なところでは、河畔の工芸博物館や建築博物館、絵画博物館、絵画のシュテーディル美術館、彫刻のリーピックハウス、中心街近くの現代美術館、シルン美術館など盛り沢山である。観光客は市の中心街ツアイルでのショッピングや食事のあと、河畔への道をたどれば、必ず幾つかの美術館、博物館に出合うルートを取ることになる。

まず市中心地近くにあってひときわ目を引くのは、建築家ハンスホラインの手により最近新築となったMMKこと現代美術館である。ベージュを基調とした外壁に、この地方特産の赤砂岩を縁取りにあしらって形を締めた構成と、直角三角形の敷地ピッタりに切り立ったその姿は、ドイツ語でいうショートケーキの意味でトルテと呼ばれ、市民の人気を集めている。

内部は3層に重なり、およそ70平米から200平米までの40室に分かれ、基本的に各部屋ひとりずつの羨ましい展示構成になっている。その殆どがボイスやデマリア、ドナルドジャツドやビルビオラといったドクメンタなどで、お馴染みの現代美術作家の特集であるが、全ての作家に推薦者であるキュレーターの名も、セットになってパンフレットに記載されている点が興味を引く。

More... つづきはこちら・・・
[PR]
by fantacl | 2006-03-26 12:34 | 美術と展覧会
もくもくと木蓮のはな拾い、、、
閑話不休 その二  「もくもくと 木蓮のはな ボク拾い、、、」太亜利伊
a0026528_21204139.jpg

でも、あきちゃった、、、Zzz...
a0026528_233316.jpg


Grumins fun! ミノリン教授のぬいぐるみ講座
 
[PR]
by fantacl | 2006-03-25 21:18 | いたずらだ!ターリー
絵本原画の奥深さ
 東京駅大丸美術館で始まった「 絵本作家ワンダーランド 世界の絵本作家展II」に初日の夕方行ってきました。 世界の絵本作家展II 絵本作家ワンダーランド
a0026528_1243546.jpg
入ってすぐにバージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』の原画が8点あり、目が釘付けになってしまいました。原画は絵本と同寸でこれまた小さいのです。そして、ビルに囲まれてしまったおうちは3.5センチほどと本当にちいさいおうちなのです。そのかわいらしいおうちが最後に引っ越した丘には昔いた丘のようにリンゴの木が満開なのでした。(桜かと思いましたがリンゴの木でした)
原画は、ケント紙風の紙の上に描かれ、岩波のシリーズで見るよりも遥かに深みを持った水彩の幾重にも重なる密度が豊かなグラデーションを見せていました。
a0026528_14212915.jpg
さわやかなユーモアを漂わせるジョン・バーニンガムをへて、デッサン力抜群のガブリエル・バンサンの「アンジュール・ある犬の物語」は、スピード感ある極少のストロークで全てを描ききります。

12年前に、ほぼ絵本読みの子育てを終えてしまった私は知りませんでしたが、日本人作家の荒井良二、酒井駒子、出久根育らの新しい仕事にもとても興奮しました。
これからは、自分のためにゆっくり絵本を楽しむ機会を増やしていきたいと思いました。
荒井良二は、大きな国際賞を受賞して注目されたそうです。絵は、長新太と漫画家の谷岡ヤスジをあわせたような屈託のないタッチ。絵や人の感覚空間の楽しさと自由さをおおいに感じさせてくれます。荒井良二オフィシャルHP

1940年代作から2004年まで14作家、約180点の原画が展示されています。

More
[PR]
by fantacl | 2006-03-24 12:41 | 美術と展覧会
マグノリアのクマだよ〜
閑話不休 その一 「マグノリアのクマ、 ターリーがレポートします」
a0026528_235972.jpg

「みごとなクマノリア、ちがったマグノリアですね〜〜」太亜利伊
さて、もくはなにをれんそうするのかな、、、(^^;)
a0026528_22212914.jpg


Grumins fun! ミノリン教授のぬいぐるみ講座
 
[PR]
by fantacl | 2006-03-23 21:46 | いたずらだ!ターリー
山口勝弘展@鎌倉近代美術館
山口勝弘&鎌倉近美のモダニズムを包み込むものは?
(現在、茨城県立美術館でも開催中『「実験工房」からテアトリーヌまで』
会場: 茨城県近代美術館
スケジュール: 2006年04月08日 〜 2006年05月14日
住所: 〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666‐1
電話: 029-243-5111 ファックス: 029-243-9992

 開催中の山口勝弘「実験工房からテアトリーヌまで」展に行ってきました。山口勝弘氏が日本のメディアアートの先駆けであることは言うまでもありませんが、戦後初の公立近代美術館として開館した築55年になる神奈川県立近代美術館鎌倉館内にそれらが内包された展示であることにも、おおいに興味を覚えました。日本のモダニズム建築の先駆け鎌倉近美の成立と歴史、その白箱が山口勝弘の実験おもちゃ箱になっていたという趣です。
                ☆神奈川近代美術館☆26日まで開催。
(池端の桜越しに神奈川近代美術館鎌倉館を望む。20日のソメイヨシノ。)
a0026528_932151.jpg

 展示は、氏の造形活動全体を回顧しています。1940年代後半の絵画作品から50年代のヴィットリーヌ(エンボスガラス板で覆った抽象絵画、オプアートともとれるし、インタラクティブアートの先駆けとも位置づけられる。)、金網やアクリル蛍光灯など素材応用の実験的シリーズ、60年代のハプニングから70年万博をへてビデオアートへとつながります。

 最新作2004年の「テアトリーヌ」シリーズでは、時代が50年まえにフィードバックした印象です。構図やテーマなど初期の絵画作品世界とほぼ同じ地点に戻ったように感じました。それはまさに顔や宇宙をテーマとした手描きで、つまり積極的に排除してきたはずの手業による絵画表現への先祖帰りです。ペインティングをスライドにしてLEDを透かしたスクリーン上にオートスライドする映像インスタレーションもありましたが、主な表現テクニックはペインティングそのものです。
(写真は鎌倉館の中庭。中央はイサムノグチの「こけし」。)
a0026528_9323117.jpg

        
 50年代から2000年までの50年間の永きにわたり一貫して手業を排除し、無機質で機械的、オートマティックに現れる原理現象を組み合わせ応用したシリーズ展開が中心でした。その先進性は日本の現代美術を牽引してきました。
それが70歳以降の近作では、8号くらいのキャンバスに原色のアクリルを水彩のように薄めたタッチで極めてオーガニックなフォルムをかきなぐっているのです。

 わたしは、山口勝弘の50年におよぶ実験造形の業績は、前後5年づつのオーガニックな志向に挟まれた二重構造の内側部分であったように思うのです。それらがル・コルビジェに師事した坂倉準三設計による鎌倉近美の、おそらく55年前は強烈にセンセーショナルにモダンなホワイトボックス建築に包まれ、その建物は、鶴岡八幡宮と古都鎌倉の地理的にも歴史的にも極めて有機的な環境に内包されているといった、モダンを超えた入れ子を感じないわけにはいきませんでした。
a0026528_9325337.jpg


More つづく・・・
[PR]
by fantacl | 2006-03-22 09:52 | 美術と展覧会
開花の日、鎌倉
21日、王ジャパンの歴史的試合をよそに、鎌倉へ。鎌倉近代美術館で開催中の山口勝弘展に行ってきました。写真は鎌倉鶴岡八幡宮の桜です。品種によって、開花のタイミングは違っていますが、東京でも開花宣言がニュースされました。左奥が近代美術館、右奥の白い建物は、改修中の八幡宮です。試合経過は、家から携帯に点が入るたびにCメールしてもらっていましたが、やっぱりリアルタイムで見ない限り本当の興奮は分からないなと、帰宅してからのニュースダイジェストや特番を見て思いました。山口勝弘展、桜、試合、、、、悩ましい日でした。
a0026528_8352116.jpg

この満開の桜は比較的早咲きの河津桜(カワズザクラ)のようです。
a0026528_8354259.jpg

この花咲くや図鑑-日本のサクラ-
[PR]
by fantacl | 2006-03-22 08:39 | 季節はめぐる
ハートのおばしゃん〜ムニャムニャ〜
[ターリーの見た夢]
a0026528_20412585.jpg

ターリー「ミノリンが、しゃお〜んかい?っていうのにいって、お花を持って帰ってきたよ。おはないっぱい、、、きもちいいな〜」

a0026528_2245224.jpg

ターリー「いいかおり、、おはなのなかにいたら、なんだかねむくなってきたな〜〜〜ムニャムニャ〜〜〜」

a0026528_2234286.jpg

天使「ターリー、わたしは天使様ですよ〜、ビックリした〜?」
ターリー「あれ〜? おばしゃ〜ん、なんかようですか?」
天使「あんまりおいたをした〜り〜しちゃだめですよ〜って、お説教に出てきたのよ。この"優しいハート"をあげるから、みんなとなかよくしてね〜。
ルーズベルトベアーやシュタイフベアーをいじめちゃダメですよ。」
ターリー「は〜ぃ! おいしそ〜なキャンディ〜おばしゃん、、。むにゃむにゃ・・・」

a0026528_22382339.jpg

「ハートのキャンディ〜おいしそ〜」 ゴッチ〜〜ン! 「あいたた、たっっぁ〜〜」「キャンディの羽が〜!」

Grumins fun! ミノリン教授のぬいぐるみ講座
[PR]
by fantacl | 2006-03-17 20:43 | いたずらだ!ターリー
いよいよグランド雛〜レです
いよいよグランド雛〜レです。
また来年までグランドピアノの上からさようなら〜!
ということで、お雛さま特設アリーナで、みんなで記念撮影しました。
a0026528_9342841.jpg

ただ仕舞うだけではありません。乱れた髪などのケアーが必用!薄めたボンドで整えます。薄くなった眉も面相筆でメイクアップ。装飾品などもできるだけメンテしましょう。
a0026528_1065889.jpg

おや!? ターリーがお雛様達を拉致している!!・・・
 いいえ、人形は顔がいのち・・・ということで、大事なお顔を保護してから順次箱に収まって頂くのです。安全に眠りについて頂くために、ついでに武装解除も行いましょう。
a0026528_1074443.jpg


Grumins fun! ミノリン教授のぬいぐるみ講座
[PR]
by fantacl | 2006-03-07 09:36 | いたずらだ!ターリー


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル