ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
自由が丘散策1
 結婚23周年記念の意味が65%で慎ましく、自由が丘散策です。
自由が丘の北口近辺が、一種のテーマパークかアウトレットモールのような様相を呈してきたのは、この10年くらいなのでしょうか? 

 連れ合いが大好きな、St.Christopher TEA Gardenや王由由さんのTwiceに行ってきました。

a0026528_210388.jpg


a0026528_211986.jpg


a0026528_211422.jpg


[PR]
by fantacl | 2005-03-31 02:14 | 出張と現地の風景
「こころ花にあらずんば人に非ず」
近所の梅林
a0026528_1582495.jpg

人がなんと言おうと綺麗なものはキレイです。

「こころ花にあらずんば人に非ず」とは、亡き小池魚心さんの絶筆です。
a0026528_1593618.jpg

[PR]
by fantacl | 2005-03-31 02:03 | 季節はめぐる
メロンメイズ
誰でもジッと見つめてしまう、メロンのジオグラフィー。
a0026528_1048965.jpg

幹線道路、脇道、私道そして、時には行き止まりも。

ロンドン、クアラルンプール、東京、ミュンヘン、、、都市それぞれの民族性や歴史によって道路の織りなすパターンがちがうのです。

単純な話し、南の国は有機的で菌糸がのびたような感じの枝状態が多いです。
それに比して、北の国は、理路整然と設計図を元にした都市計画のパターンが読みとれる場合が多いですね。
[PR]
by fantacl | 2005-03-23 10:52 | デザインとアート
ファンタスティックな卒業式
 3月14日、快晴、相模原市立総合体育館で女子美術大学の卒業式が行われました。
あまり万全ではないのですが、例年通り会場の空間装飾を担当しました。
さらに、今年は新設学科であるメディアアート学科初の卒業生を送り出したのです。
a0026528_1482286.jpg

 というわけで、女子美術大学の今年度の卒業式アルバムをメディアアート学科研究室ブログに公開しました。


卒業式アルバムのページ


関連記事のページ
a0026528_1533756.jpg

[PR]
by fantacl | 2005-03-19 01:50 | ファンです
フェンネルシードとトマトソースのスピラーレ
a0026528_019296.jpg

3月5日から以降では、このスピラーレ料理が一番簡単で、再挑戦したくなるレシピです。
フェンネルシードを一掴みほども入れてしまいます。
あと、赤ワイン、なければ白ワインをグラス一杯ほど注ぎこんでソースを作ります。
[PR]
by fantacl | 2005-03-15 00:19 | ちょっと手料理
ダイニングルームからヒヨドリが
a0026528_8444699.jpg

 我が家のダイニングの東窓のすぐそこに毎日なんどもヒヨドリが訪ねてきます。
アオキの実が目当てなのです。複層ガラスの手前にはにぎやかなテレビがあるのでが、それはほとんど気にならないようです。こちらの動きもよほど大げさに動かない限り、実を食べ続けています。

 時たまヒヨドリにこちらが飼育され観察されているのではと、錯覚してしまいます。
[PR]
by fantacl | 2005-03-09 08:44 | 季節はめぐる
乾燥トマトとバジルのスピラーレ
◎今日のランチはバネのようにスピンした螺旋状マカロニ「スピラーレ」です。

a0026528_17221621.jpg 味のベースは、エクストラバージンオイルとガーリックそれにオニオンです。でもそこに乾燥トマトをちょっと使うのです。酸味を利かし味を引き締めつつ幅を出す為にあしらいます。

 乾燥トマトは町田の富澤商店で手に入れました。一袋100gで650円くらいです。今日の感じですと一袋で3回くらい使えますよ。姿はシオシオでけったいなものですが、味の方は結構コンデンスで、ぼうようとなりがちな全体感をトマトめてくれます。(-_-;)30分くらい前に熱めのぬるま湯でもどしておきます。

a0026528_17223734.jpg

 オニオン大を2個、ベーコン適当、にんじん少々、ニンニク3塊のスライス。それと今回は椎茸とアスパラガスでガス!(^^;)
最近エリンギを使うことも増えましたね。西洋マッシュルームとブナじめじの中間のようで和洋何にでもエリンギ好みしないで使えて便利ですね(^_^;)。


a0026528_17232147.jpg バジルは新鮮なリーフが欲しいのですが、めんどくさいので青ノリのような乾燥バジルをバジルことなく使っちゃいました(*^_^*)。


a0026528_17235695.jpg スピラーレはイタリアDELVERDE社の250gを使用で、だいたい5食分くらいありますね。パスタ鍋にたっぷりめのお湯を沸かし、今回は中さじ一杯の塩をいれます。よく煮立ったらパスタを入れ約11分ボイルします。


a0026528_17242864.jpg オリーブオイルでニンニクを炒め、ベーコンを炒め、オニオンを入れ色が透き通るところまで炒めるのは定番ですね。

 左手でパスタのお湯をかき混ぜ、右手で具の面倒を見ます。
さらに、ときどきAU携帯を右手でもって写メします。いそがし〜のです。おいしいものを作るのは・・・

a0026528_17244420.jpg オリーブオイルは近くのダイエイ系スーパーで500ccで450円のがあったので「ダイエイ系だからホントに安いっ!」と思って二本購入したのですが、伊勢丹あたりでも1リットルビンで購入すれば、900円でブランドものがあるということをあとで知りました。 
 さていよいよ、ゆであがったスピラーレをパスタソースの方にがばっと入れて、大胆に一気にまぜこぜにしてできあがりです。(^_^)v (^O^)/ ~~~
a0026528_1725106.jpg

[PR]
by fantacl | 2005-03-05 17:30 | ちょっと手料理
ヒーローに成りたがり文化とお雛様
●我が家のひな人形です。それなりに古いので、ひな壇は処分されていて現在はピアノの上に多少アレンジして並べています。各人の持ち物やお飾りなどのパーツも傷んだり、なくなったりで少し不憫ですね。
しかし、右大臣左大臣、三人官女、五人囃子などなど総計15名が緋毛氈の上に、平たく並ぶ姿は、ネット時代にふさわしく水平で今日的だと思うのです。

 でも、考えてみればクリスマスデコレーションをもしのぐほどにゴージャスでトラディショナルな、世界に誇るべきデコレーション文化ですよね。もっとぼんぼりをふやさなければ、、、。イルミネーションも付けちゃおうかな、、、。
a0026528_0235261.jpg

■日本人は、ヒーローに成りたがり症候群なのだという意見があります。カラオケやプリクラがそのことを如実に物語っているというのです。自分にスポットライトを当てて欲しいのです。カラオケもプリクラも写メールも日本発で世界を席巻した、あるいはしつつある普通の人が主役になれる平和な日本のおもしろ発明です。

 おひな様も、ゴージャスな一セットを飾ることで、単に娘達の成長を願う無病息災の人型というだけでなく、自分が貴族階級の一人になったような、あるいは成りたいという願望を形象にしたところがありますね。まさにシンデレラ物語を可視化したものなのではないでしょうか? ヒエラルキーという雛壇を登りつめ、勝ち組にならんことを希求するというか、、、、。強烈にシンボリックなディスプレーだと思います。
a0026528_0242253.jpg

a0026528_23273399.jpg

以下は、midi by COSMOSさんのサイトの「雛祭りの由来について」から転載させていただきました。
ひな祭の起源は平安時代中期(約1000年前)にまでさかのぼります。
その頃は三月初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、無病息災を願う祓いの行事をしていました。
陰陽師(おんみょうじ、占師のこと)を呼んで天地の神に祈り、季節の食べ物を供え、また人形(ひとがた)に自分の災厄を託して海や川に流すのです。

また、その頃、上流の少女たちの間では“ひいな遊び”というものが行われていました。ひいなとは人形のことです。
紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、いまの“ままごと遊び”のようなものです。
長い年月の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のようなひな祭となりました。

[PR]
by fantacl | 2005-03-04 00:29 | 季節はめぐる


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル