ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
マーケティングの勝利か!? ひな祭りケーキ
a0026528_21251390.jpg

 分け方が難しい、、。
高野で購入。菱形なのでどう6ッツに分けるかが問題、、、辺に平行にっと、、、。

a0026528_21423775.jpg

 作るのに随分無駄の出る菱形です。菱形の端っこが沢山出てしまいます。その分が売値に跳ね返っている事は確かですね。

 でも我が家では、ひな祭りと次女の誕生日とを両方祝って二度おいしいので、ほぼ投資を回収したと言えるでしょう。
[PR]
by fantacl | 2005-02-27 21:25 | 季節はめぐる
フグのナゾ
 フグって本当においしいのだろうか? すごく不グ思議?!?^^;
 
 友人の集まりで、神楽坂のお店でフグを食べた。ちゃんとしたところで食べるのはなんと二回目だ。わたしにとってフグは、べつにどうしても食べたいという訳のものでもない。友人が決めてしまったからこの日はフグを囲む集まりとなった。

 味は淡泊だし、どうも珍しさの方が先に立って、フグでないといけないと言うほどのものを感じない。値段も安くはない。量的に満足すると言うこともない。同じ料金なら寿司のほうが、ネタのバリエーションも豊富だし、十分に食べることができる。
他の日本料理と比べて取り立てて視覚的に美しいとか、伝統や文化を感じるかというと、それほどでもない。

a0026528_2314115.jpg

 では何がそんなに人をして「フグ料理」に執着させるのか? フグに理解することはできない・・・。(^^) (^_^;)

食感?珍しさ?季節感?風情?・・・さばくのに免許がいる特殊性?・・・
毒のバリアーを抜けて、やっと食すことができるという敷居の高さから・・・
ヘタに食すと命を落とす、フグが不倶戴天の敵となることもあるというか!(^^)!

私にとっては目下の所、フグである、いやナゾである。(-_-;) m(_ _)mフググ・・

神楽坂伯楽にて
[PR]
by fantacl | 2005-02-26 23:01 | ちょっと手料理
私が何でリースを作るの?
リース造りは楽しいな!(^_^)v「リースシリーズ-2 天使が座るリース」
a0026528_2351333.jpg

 昨年末から今年にかけてまとめて作ったリースの内の一つです。現在自宅リビングに飾って楽しんでいます。

私が何でリースを作るのかって? 基本的に「花」そのものが好きですね。それから「装飾性」も生活には大切な要素だと思っているのです。(*_*)!

[作り方]
 35cmバインリース心材にシックな色調の造花を5種ほど選び、葉も生かしつつレイアウトしています。
真ん中の天使は、8年前にニューヨークのピア21にある一年中クリスマスのお店で買ったものを座らせてみました。ちょっと大胆なアレンジでしょう。(^_- !


a0026528_015599.jpg
☆こちらも昨年末に作った一品です。

 白色バインリースを心材にして、2種類の造花をグルーガンでガンガン留めて(^_^;)
リボンとクリスマス用ゴールド柊でまとめたリースです。
それを以前から持っていたト音記号型の資材に取り付けてみました。

 それで、比較的お客様が多いのでリビング目立つようにに飾っているのですが、お客様が素敵ですねといってくれはしますが、買ってきたものと思われている節があって、、、手作りとは気つかない感じで、、、、プックリハートの玄関リースも同じですが、、、、全然驚いてくれないのです〜。(-_-;)
[PR]
by fantacl | 2005-02-25 10:40 | ファンです
バレンタインリースというか、あはは・・・
[リースシリーズー1]
a0026528_1924100.jpg  リース作りは楽しいな、ということで、このところ折に触れてリースを自作しています。

 今回はプックリハート型のリースを同時に3つ作ります。ちょっと寂しい玄関まわりに飾るのです。
a0026528_111260.jpg

 このリース資材は籐かな?サンキライのツルかな? まいいや、浅草橋で三個600円のものを使います。中の空間にそれぞれ違う色のラフィアファイバーを仕込んでベースにします。
花資材は、あらかじめアソートされていたブーケをやはり三種三色をラフィアの色との配色を考えながら使っていきました。固定はグルーガンを使い適当な間隔を取りながら、ガンガン花を付けていきます。(^_^;)
a0026528_1123414.jpg

 15cmくらいのリース材ですから、写真のような感じで2.5cmくらいの花を18個付けて、その間に適当に1cm大の白い花をあしらえば満艦飾です。

a0026528_1132034.jpg

 最後にサテンリボンをあしらって出来上がり。流れ作業で3つつくってここまで一時間半くらいでしたか。
玄関に飾ったり、部屋のドアに飾ったりするのに最適です。

 ハート一つあたりの費用は、リースのベース資材が200円、造花のブーケが300円、その他ラフィアやグルーガンのグルーとサテンリボン代をまとめて合計600円といったところでしょうか。
[PR]
by fantacl | 2005-02-18 22:34 | ファンです
新田義貞挙兵の地
a0026528_1043187.jpg

a0026528_21583926.jpg
太平記の舞台。鎌倉幕府の北条氏を滅ぼした新田義貞挙兵の地、群馬県新田町の生品神社。出張の道すがら、ちょこっと立ち寄りました。こういう小さな旅が面白いのです。

 それに、携帯のカメラが高性能になったおかげで、モブログでも結構満足のいくスナップ画像を撮れることで、ブログアップも気楽になりました。


a0026528_21593697.jpg

[風雲児新田義貞]
 新田義貞は、鎌倉末期に現在の群馬県新田郡新田町に生まれ育ち、わずかな手勢で鎌倉幕府打倒に決起し、ついに強靭な幕府を打ち倒した名将です。

現在の反町薬師(そりまちやくし)のある場所が新田屋敷跡と伝えられており、近くには太平記にも記されている挙兵の地生品神社(いくしなじんじゃ)があり、また尾島町には、挙兵のきっかけとなった事件が発生したとされる世良田屋敷のあった世良田東照宮があるなど、新田郡・太田市近辺はまさに太平記の郷にふさわしい歴史のふるさとです。

[PR]
by fantacl | 2005-02-18 10:43 | 美術と展覧会
清川村宮ヶ瀬ダム湖畔のバレンタインイルミネーション
 ■クリスマス時期からバレンタインまでの長期点灯ウインターイルミネーションの時代が来る予感がします。
a0026528_1872495.jpg
 神奈川県相模原市の西側、丹沢山系にある清川村では、バレンタインデーを飾るイルミネーションをやっています。宮ヶ瀬ダムの湖畔にある広場にチューブライトやスダレ状のイルミネーション電飾を無数に使った演出がされていました。

 私の見たところLED(発光ダイオード)は一球も使ってないですね。少し高台の公園から湖畔にかけて30メートルくらいを階段で下りるのですが、そのアプローチがアーチ状に演出されなかなか美しかったです。

 下に降りると直径90メートルの巨大ハートがなんと、道路工事の標識で使う赤色のコーン(とんがったやつ)に電球を仕込んだものをならべて構成されていました。巨大ハートの中心には愛の願いが叶うという簡単に作ったチャペルがあり、幾組もの若いカップルが列を作っていました。
a0026528_184193.jpg

 NPOらしい実行委員会で設営しているようです。これから毎年実施して観光名物にしていくらしいですよ。

 クリスマスイルミネーションから引き続き極寒の2月中旬に位置するバレンタインまで、寒空にイルミネーションの輝きはよくマッチすると思うのです。これからますます、こういったムーブメントが広がっていくことになると思いますよ。
a0026528_1831633.jpg

[PR]
by fantacl | 2005-02-13 18:07 | 出張と現地の風景
バルーンアーティスト達!?
a0026528_1585271.jpg オリジンスタジオはバルーン工房に変身です。そうそうバレンタインバルーン製造株式会社!

 このバルーンは、アメリカのアナグラム社やクアラテックス社製マイクロフォイールの丈夫なバルーンです。約2週間くらいほとんどヘリウム抜けがありません。

 各種装飾オーナメントの組み合わせやアレンジからチューブライト作りまでこなします。
a0026528_22163343.jpg

[PR]
by fantacl | 2005-02-03 15:08 | オリジンスタジオから
ナゴヤマキオブジェ。名古屋栄地下道で
a0026528_1644315.jpg
 ここは名古屋の栄地下道の交差点、光彩と題したアートワークモニュメントがありました。無色の吹きガラスブロックオブジェを集めたた部分を中心に、板ガラス積層のグリーンがちょうど"ナゴヤ巻き"のように両側を固めています。
 四隅におかれたお花の活け込みまで必要なのかどうか、、、。正直なところモニュメント自体の構成やボリュームも過剰感があるのに、これでもかといった盛り込みようが気になります。シャチホコ文化なのでしょうか?(ナゴヤの人には失礼)
[PR]
by fantacl | 2005-02-01 16:04 | 出張と現地の風景
名古屋は栄の交差点
a0026528_1555259.jpg
こちらは名古屋の中心、栄の交差点近くです。向かいに見えるのは三越で手前は松坂屋です。お昼から名古屋で用事を済ませています。ナディアパークの国際デザインセンターによった帰り道でモブログです。今日はこの冬一番の寒さだそうで、帰りの新幹線に遅れが出そうなので、そろそろ栄から地下鉄東山線で名古屋駅に向かいます。
[PR]
by fantacl | 2005-02-01 15:55 | 出張と現地の風景
名古屋ナディアパーク
a0026528_14363492.jpg 始めてきました。国際デザインセンターとLOFTが一緒に入っているビルです。デザインミュージアムやデザインギャラリーもあります。

私の他のブログにこんな記事を書きました。cumosブログ
 名古屋国際デザインセンターは名古屋の中心地である栄にあるナディアパーク内です。当デザインセンターは名古屋デザイン博の時に設立されたのでしょうか?きっとそうでしょう。

 デザイン博には仕事の関係がなかったので、全くでっかけませんでした。このデザインミュージアムのファサードタイトルは、ロゴの影とおぼしきグラフィックが実は影ではなくそれらしく描いたものなのですね。人の感性と理性の狭間にあるデザインという概念をゴチックで構築的なロゴと、ゆがみ曖昧に輪郭がぼけた影で表すところはさすがですね、素敵です。

 でも、ミュージアムは少し悲惨でした。設立時の予算のかけ方は器の立派さで伝わります。しかし肝心の展示品がメンテされていません。来館者もきわめて少なそう。目玉のタワー型ディスプレイ装置も壊れていてメンテされていません。立体映像ミニシアターも左目用の映像がダウンしてます。偏光フィルターで見る式なので、右目用だけだととても暗くてコンテンツが台無しです。

 日本の文化行政のいわゆるがここにもあったかという感慨でした。

[PR]
by fantacl | 2005-02-01 14:36 | 美術と展覧会


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル