ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
<   2004年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
こちらのサイトをライフブログとして
中国旅行、出張講座も一段落。さて、こちらのFANTACL LIFEのサイトを個人的な日記つれづれブログとして活用していくことにします。
ライフブログとしては、JUGEMでやっていたMinorin Blogがあったのですが、jugemさんは相変わらずサーバーのトラブルが頻発しているようなので、思い切ってその役割をこちらのexcite blogに移行します。
[PR]
by fantacl | 2004-10-30 12:50 | ICT & WEB2.0
珠江ライトアップに思う
珠江クルーズがつづきます。ここ10年でこれだけのライトアップの景観が形成されたことは本当に驚きです。政府肝いりで、スカイラインの整備を断行した結果でしょう。

しかし、徐々に企業のいわゆる大看板ネオンサインが増えつつあるようです。
このままだと隅田川沿いと何ら変わらなくなってしまうでしょう。

やはり、商業主義を前面に出すのか、あくまで景観重視のライトアップとするのかの選択の岐路にあると言えるでしょう。
[PR]
by fantacl | 2004-10-15 23:42 | 広州の街角
珠江クルーズの船上では
出発20分後、船上では民族音楽が流れ、中国古式の結婚式イベントショウが始まりました。
a0026528_2326348.jpg

a0026528_2327419.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-15 23:28 | 広州の街角
広州珠江クルーズ
やってきました珠江クルーズ。パールハーバーならぬパールリバークルーズです。
このサービスも始まってからまだ10年ほどだそうです。海豚(イルカ)号にのって、約一時間の船旅です。
a0026528_23433252.jpg

陳先生によりますと珠江の両岸の見事なライトアップは、10年前にはほとんど無かったそうで、真っ暗だったということです。政府肝いりで、高層建築のスカイラインのデザインとライトアップを推進しているそうです。
a0026528_2343453.jpg
a0026528_23524766.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:50 | 広州の街角
再びホテル事情
広州美術学院から歩いて5分のRosedaleホテルです。四つ星だそうです。上海のホテルもそうでしたが、ブロードバンドが各部屋に完備され本当に助かりました。
こんな感じで、このブログも毎日更新できたのです。マウスは学院近くのパソコンショップで買ったもので、「藍色狂野」という妖艶でバイオレントな名前の中国製光学式マウスです。スクロールホイールのところがウルトラバイオレットに怪しく光ります。45元だから650円くらいかな。
a0026528_2328063.jpg

テレビでは、NHK国際放送が見られて助かりました。さらにアメリカのディスカバリーチャンネルとナショナルジオグラフィックを見ることが出来ました。どっちも目が離せない興味津々のドキュメンタリーばかり。今回の出張では、学院の助手さんとはわたしの出来損ない英語でコミュニケーションし、部屋に戻っても二つの番組で英語を沢山耳にすると言った体験となりました。当初、中国語の基本会話位は滞在中にマスターしようとベーシックな入門ムック本ももってきたのですが、結局開かずじまいとなってしまいました。
[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:38 | 広州の街角
広州美術学院のレストランで
講評のあとはおいしい広州料理を!
それも大学の中のレストランでです!!
a0026528_23182054.jpg

昨年来たときにも一度寄ったレストランです。学内にありますが、べつに誰が入ってもオーケーだそうです。ここの味が一番安定していて食べやすくおいしかったように思います。
a0026528_23183887.jpg

曾先生ともう一方、え〜と、お名前が、、、失礼しています。お世話になりました。
a0026528_2319226.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:24 | ちょっと手料理
お疲れさまのヤマザキクラス記念撮影
こんな緊張しないで、もっとリラクスして楽しそうな表情をすればよかったと反省しています。皆さん記念撮影大好きの様子です。
今度はいつこれるのでしょうか?
a0026528_2395098.jpg

皆さんけっこう楽しんでくれたようですね。また来たいです。
a0026528_2392967.jpg

陳先生、通訳の周さん、曾先生それから学生の皆さん、サイチェン!
a0026528_23101855.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:12 | 広州出張授業
講評終わって学生と記念撮影
皆さんご苦労様でした。あと一週間完成までがんばってください。
ところで私は何でこんな堅い顔をしているのでしょうね。5日間連続20コマの実習担当の疲れと緊張感と学生たちに囲まれた気恥ずかしさとで余裕がないのですね。
a0026528_2334644.jpg

上の写真は、優秀賞の4人と一緒に撮ったものです。
a0026528_234391.jpg

a0026528_2342621.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:07 | 広州出張授業
9日の講評会続きです。
5日から5日目のいってみれば中間講評ですね。私の担当はこの日で終わりですが、学生は引き続き陳先生の指導の元、さらに一週間かけて作品を完成させることになっています。

写真のアイデアでは、影を使うとスケール感を出しやすいということがわかります。パターンを切り抜いた三つの輪に高低差を付けて影が重なり合うように工夫しています。パターンそのものにもっと繊細な造形があれば効果的だったでしょう。
a0026528_22464819.jpg

a0026528_2247841.jpg

これは、テーパーをつけだんだん小さくなる円錐形を二カ所のヒンジで連続させて作った一種のトカゲのシッポの様な作品です。鞭の原理で少しのふれが最下部で大きな揺れになります。その動きにしたがって光とシルエットが揺らぎます。
a0026528_22475028.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 22:55 | 広州出張授業
9月9日の講評会続きです
これは面白い、最初の画像からこの光効果がどうやって作られているか分かりますか?
a0026528_22345992.jpg

なんと黒い紙に単純に針で沢山の穴を開け光を通し、手前にトレーシングペーパーを置いて、光を定着しているのです。上の写真では、針穴が文字通りピンホール写真の原理で、照明のフィラメント形状をはリアなの数だけ映しています。
a0026528_2235133.jpg

トレーシングペーパーや光源の位置を少し動かすと、微妙な空間感のある映像が得られます。今回の作品の中では一番可能性を感じさせたアイデアです。
[PR]
by fantacl | 2004-10-14 22:38 | 広州出張授業


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル