ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
カテゴリ:広州出張授業( 18 )
お疲れさまのヤマザキクラス記念撮影
こんな緊張しないで、もっとリラクスして楽しそうな表情をすればよかったと反省しています。皆さん記念撮影大好きの様子です。
今度はいつこれるのでしょうか?
a0026528_2395098.jpg

皆さんけっこう楽しんでくれたようですね。また来たいです。
a0026528_2392967.jpg

陳先生、通訳の周さん、曾先生それから学生の皆さん、サイチェン!
a0026528_23101855.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:12 | 広州出張授業
講評終わって学生と記念撮影
皆さんご苦労様でした。あと一週間完成までがんばってください。
ところで私は何でこんな堅い顔をしているのでしょうね。5日間連続20コマの実習担当の疲れと緊張感と学生たちに囲まれた気恥ずかしさとで余裕がないのですね。
a0026528_2334644.jpg

上の写真は、優秀賞の4人と一緒に撮ったものです。
a0026528_234391.jpg

a0026528_2342621.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 23:07 | 広州出張授業
9日の講評会続きです。
5日から5日目のいってみれば中間講評ですね。私の担当はこの日で終わりですが、学生は引き続き陳先生の指導の元、さらに一週間かけて作品を完成させることになっています。

写真のアイデアでは、影を使うとスケール感を出しやすいということがわかります。パターンを切り抜いた三つの輪に高低差を付けて影が重なり合うように工夫しています。パターンそのものにもっと繊細な造形があれば効果的だったでしょう。
a0026528_22464819.jpg

a0026528_2247841.jpg

これは、テーパーをつけだんだん小さくなる円錐形を二カ所のヒンジで連続させて作った一種のトカゲのシッポの様な作品です。鞭の原理で少しのふれが最下部で大きな揺れになります。その動きにしたがって光とシルエットが揺らぎます。
a0026528_22475028.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-10-14 22:55 | 広州出張授業
9月9日の講評会続きです
これは面白い、最初の画像からこの光効果がどうやって作られているか分かりますか?
a0026528_22345992.jpg

なんと黒い紙に単純に針で沢山の穴を開け光を通し、手前にトレーシングペーパーを置いて、光を定着しているのです。上の写真では、針穴が文字通りピンホール写真の原理で、照明のフィラメント形状をはリアなの数だけ映しています。
a0026528_2235133.jpg

トレーシングペーパーや光源の位置を少し動かすと、微妙な空間感のある映像が得られます。今回の作品の中では一番可能性を感じさせたアイデアです。
[PR]
by fantacl | 2004-10-14 22:38 | 広州出張授業
9月9日の講評会
ヤマザキが担当する最終日、9月9日(金)の実習講評会の様子です。実習開始から5日目です。帰国後様々なことが忙しくアップロードが今日になってしまいました。
a0026528_22235397.jpg

大小の角パイプを組み合わせ、カラーセロファンを張り反対から光を通します。
透過型スクリーン状紙を設けて透過映像を映しだしています。
a0026528_22242631.jpg

単純にビー玉を積み上げてバックライトをあてた映像ですね。レンズ効果がリズミカルにでて面白いですね。
a0026528_2225240.jpg

金魚の泳ぐ鉢を透過して光を投影したらどうなるかという試みですね。金魚は二匹泳いでいたのですが、、、あまり効果は出ませんでした。
[PR]
by fantacl | 2004-10-14 22:31 | 広州出張授業
記念撮影会
9日の講演会も終わり、揃って記念撮影です。
通訳を介しての実技指導や講演会でしたので、なんだか間接的でかゆいところに手が届かない感じでした。でも、学生たちの作業に集中する姿やアイデアスケッチ、模型を見る限り、こちらの意図したことは伝わっていると確信しました。講演会も、ハブト先生と私で3時間連続となりましたが、集中して聞いて頂けました。
a0026528_0321493.jpg

もちろん、映像を主体に、インターネットによるサイトの紹介や当日午前中までアップし続けたこのウエッブログも投影したりしました。中国ではまだ、ウエッブログがほとんど普及していないので、スピーディーなサイト更新に感心して頂けました。
a0026528_0445060.jpg

なれない土地での5日連続の実技指導は、正直いって体力に自信がないと厳しい物があるとおもいます。学生のモチベーションや、美術学院の先生方の熱意に助けられ、無事終了することが出来ました。また、機会を頂けましたらさらに充実した内容で取り組んでみたいと思います。
[PR]
by fantacl | 2004-09-20 00:32 | 広州出張授業
広州美術学院で講演会
講演会は9日の木曜日の午後でした。新媒介2階の教室に約200人くらい集まりました。講演会は暗いので手振れ写真が多いですが、デジカメなので暗くとも何とか撮れています。フィルムカメラでは、はなからフラッシュを焚かないと撮れない状況です。手振れも臨場感の演出かなとご理解ください。
a0026528_0264775.jpg

最初にヤマザキが自作とライトの授業の内容などと、インターネット事情やブログ発信のことなどを交えて90分講演しました。
a0026528_0373645.jpg

講演会途中、女子美同窓会の中国ツアーの方々が広州美術学院に立ち寄りました。
香港、シンセンの国立可香凝美術館それから広州と三泊四日だそうです。写真中央は同窓会長の佐野ぬい先生です。ツアーコンダクターで文学の島村先生もご一緒です。
a0026528_0385652.jpg

次にハブト先生が女子美でのCAVEを使ったバーチャルリアリティー講座事例を中心にビデオを使いながら90分講演しました。
a0026528_0382361.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-09-20 00:27 | 広州出張授業
アイデアスケッチ
さらにアイデアスケッチ!
写真は、広州美術学院での出張授業9月9日の段階です。模型作りとアイデアスケッチを出来るだけ行き来しつつ、トライアンドエラーを繰り返します。光と影の関係に動きが加わるとさらに複雑な現象が・・・
a0026528_012552.jpg

a0026528_0131732.jpg

a0026528_014181.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-09-20 00:16 | 広州出張授業
一週間の実技指導が終わりました
 今日の12時40分をもって一週間の実技指導が終わりました。

 上海で張り切りすぎて、そのまま広州に来て学校が始まったので、けっこう2日目あたりから辛かったです。授業や慣れない環境のストレスもあいまって、夜も前半は5時間くらいの浅い眠り、それでいて昼と夜の食事が食べきれないほどの美食の連続!それに猛暑!!食べているから帳尻があって何とかなっているのだろうな、、、日本で一年かけて3キロ減らしたのに、こっちで5日で戻ってしまった!!!

 今日の午後もお昼寝です。学生はまじめで前向きなので、授業を担当する充実感が助けです。でもわたしの健康管理のせいか、お昼寝しないともたないです。
昨日は午後に講演会があり、お昼寝ができなかったのでつらさが最高でした。途中、女子美同窓会の香港、シンセン、広州ツアーのご一行が美術学院に立ち寄ってくれましたが、なんだかしっかり挨拶できなかったのが残念です。

講演会終了後、美術学院の先生方に招かれて、6時から四川料理のお食事会でした。これがまたとびきりおいしい物ばかり!!!いつの間にか辛い感じがなくなりハイになっていました。って、ただビールと紹興酒のおかげかな???
今日の昼も学校のレストランでまた違った中華料理を食べきれないほどいただきました。あ〜食べ疲れた。
a0026528_2358981.jpg

a0026528_2359595.jpg


 猛暑は昨日からやっと普通の感じに戻りました。やれやれ、汗をかかないぶん疲れ方がすくなくなりずっと違いますね。いずれにしてもミネラルウオーターは必需品です。朝8時半に学校に行くと、おはようございますの挨拶と一緒に、ミネラルウオーターのボトルが渡されるのです。広州の人もほとんど持っています。
a0026528_2356659.jpg


 さて、日本の仕事の宿題を徹夜で出さなくてはなりません。
あすは、10時に陳先生が迎えに来ます。ハブト先生と近郊に連れて行ってもらうことになっています。新しい大学キャンパス見学(これがまた、信じられない広さだそうです。)とサファリパークのような所、それから珠江(パールリバー)のディナークルーズです。また食べますよ・・・
[PR]
by fantacl | 2004-09-10 20:07 | 広州出張授業
多発想!実験、失敗、発見、実験、失敗、発見、実験、成功!
この課題の中に光の造形の基本がほとんどあります。とにかくテーマを形にする実験を沢山しましょう。そして沢山失敗しましょう。そうすればいくつか有効な発見が生まれるでしょう。
a0026528_14421011.jpg

[逆発想のすすめ]

◎「光」をテーマに考えるときには、影や陰をイメージしましょう。

◎造形するとき、どうしても中心に縮む塊に考えがちですが、逆にそのものを囲んでいる空間や外方向へひろがるイメージをしましょう。つまり彫刻的な塊イメージから、場の空間というか空気感を考えるインスタレーションの発想をしましょう。
a0026528_14425836.jpg

[手書きシミュレーション+モックアップシミュレーション+3DCGシミュレーション]

◎手書きによるドローイングは重要です。ノート大ではなく、新聞紙(A2大)くらいの紙を用意して、大きく手を動かしながら考えましょう。身体の運動にともなって脳が活性化する感じを大切にしましょう。

◎厚紙や針金、プラスティック板などを使って、模型や実験モデルを作りましょう。
実素材を扱うことで、物理的な可能性と限界を早く知ることが出来ます。
また、思わぬ新現象に気が付くことも多いですね。

◎3DCGで光や影、透過や反射をシミュレーションしましょう。
3DCGプログラムは空間シミュレーションに最適です。様々な特性を組み合わせて、ダイナミックにバリエーションを実験できます。
a0026528_14432474.jpg

以上、3つのシミュレーションを有効に組み合わせ、出来るだけ手を動かしましょう。手を動かすことで、頭脳が刺激されよいアイデアが沢山でてくることに結びつきます。
a0026528_14435491.jpg

ゴミ箱のカゴだって、ライトのルーバーに早変わり。何でも応用して実験実験。
a0026528_14441655.jpg

[PR]
by fantacl | 2004-09-09 14:44 | 広州出張授業


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル