ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
カテゴリ:美術と展覧会( 31 )
越後妻有アートトリエンナーレへ-1
金曜日、土曜日と強行軍で新潟は十日町市と津南町エリアで開かれている、妻有トリエンナーレへ行ってきました。金曜の朝7時相模原出発で11時半には、関越の越後川口に着きました。美術館の若い鈴木君と桜井さん、それとこのツアー発起人の彫刻の平戸先生とわたしの四人です。真夏といっても関東は、曇りや雨が結構ありましたが、こちらは8月はほとんど雨が降っていないとのこと、標高と空気のきれいさと相まって、夏らしい青空のアートツアーでした。先ずは、北の下条駅に近い神明水辺公園エリアから始め、徐々に南下する計画です。
a0026528_1514113.jpg

・関越をひたすら北上。関東と違ってすっかり晴れ渡り緑や田が美しい。
a0026528_15144622.jpg

a0026528_1515542.jpg

つづく、、、
[PR]
by fantacl | 2006-08-27 15:15 | 美術と展覧会
スイスのあとはアフリカへ旅立つ
6月8日の記事の続きです。
西麻布のビクトリノックス社をあとに、徒歩にて六本木ヒルズは森美術館へ。アフリカリミックス展なのです。途中、アジアンプリンセスだったかオリエンタルプリンセスだったかな?ココナッツホワイトソースのパスタをば仕込んで、いざ53階へ出陣。
単純に点数多く、広く、見ごたえのあるインスタレーションも10展示くらいあって、3時間の対談後の身にはキツイ観覧となりました。感想はエネルギー充填してまた後日。というか、あと1〜2回、見返さないと軽々にはかけない様子、、、。
a0026528_22545598.jpg

いつ来ても「美の殿堂への入り口であるゾ」と宣言しているような吹き抜け空間、、、。でも今回は、エスカレーターまわりにもオブジェやインスタレーションが所狭しと陣取って、アフリカコンテンポラリーのエネルギッシュな様を醸し出しています。
a0026528_22544159.jpg

ダ・ビンチコード展は一月前にみています。映画予告のようであり、映像装置を駆使した展示は、ほぼ映画配給会社ソニーピクチャーズとプロダクトメーカーであるソニーのプロモーションだという印象が強いです。
[PR]
by fantacl | 2006-06-15 23:00 | 美術と展覧会
横浜美術館の観客サービス
横浜美術館のノグチ展とコレクション展を見てきました。今回は、展覧会の内容の話ではなく、美術館の顧客対応について二三気の付いたことを書きます。

現在開催中のイサムノグチ・世界とつながる彫刻展は、さすがにあちこち17箇所からの借用による73点の展覧会ですから撮影禁止でした。でも、コレクション展(収蔵作品展)はフラッシュ無しの撮影がOKだったので、展示室風景を参考に撮ってきました。クレーやエルンスト、ピカソやダリも撮れました。
a0026528_2234990.jpg

これとは別に驚いたのは、展示室がやけに明るい点です。開国時や明治の水彩も掛けてある部屋や、下村観山や今村紫紅などの絹本着彩など退色しやすい日本画展示もやけにルックスが高いのが気になりました。その分、観客にとっては見やすいのですが、クレーの水彩のようなビミョウな作品もしかりでこちらが心配してしまうほどです。よっぽど紫外線と熱線カット性能の高い照明を使っているのかもしれません。

都合で4時近くに入館したので閉館時間が気になりましたが、平日は17時ではなく18時ということで、やれやれしっかり鑑賞することができました。金曜は20時までの対応だそうです。
数年前は確か17時だったような記憶が、、、ですが、はっきりしません。雪山館長が朝日新聞に「美術館の経済学」というコラムを書いていましたから、新館長になってからの対応かもしれません。

コレクション展の部屋には、主なところにゆったりした平イスとその部屋の作品にちなんだ図録や画集が置いてあり、自由に閲覧できる気配りも以前はなかったと思うのです。横浜美術館の経営実態は知りませんが、営業目標がpdf書類でサイトからダウンロード出来るようになっていて、仕切りに改革改善がうたわれている様子をうかがい知ることが出来ます。今までにない合理化と競争原理が顧客サービスを変化させているのではないかなと思った次第でした。

あと、ノグチ展に関していえば、担当学芸員と市民ボランティアがつくるウイークリーブログというのも公開されています。
a0026528_223261.jpg

上の写真は、館の内外からアクセス可能な美術情報センター。美術関連図書、図録、様々なリファレンスが集積されています。デジタルアーカイブの利用も可能。ノグチ関連書籍を特集中でした。いわゆる他館のチラシやポスター等の広報物はすべてここに集約されています。
[PR]
by fantacl | 2006-05-16 21:54 | 美術と展覧会
KIMONO小袖にみる華・デザインの世界
 女子美アートミュージアムで桃山から江戸期の着物である小袖を特集した展覧会を開催中です。6月11日までで、火曜日が休館です。実行委員長と館長として2年越しで企画を仕込んできたので、開催にこぎ着けることができて感慨深いものがあります。せっかくのとても貴重な本物の文化遺産の展覧会です。しっかり広報をしようとブログも新たにつくりました。
●女子美術大学美術館blog ↓展示室風景。国内では大胆な露出展示です。
a0026528_010889.jpg

 小袖のデザインの歴史には目を見張るものがあります。本展のKIMONOの表記は、それらの持つ価値が「着物」の表意を超え、今まさに国際的な芸術的評価を持つものであるとの認識を表しています。

 小袖は約三百年間に渡って、染めや織り技法とのせめぎ合いを伴って、模様として発想しうるテーマとデザインが文字通り百花繚乱を繰り広げてきました。多くの民族の衣服が体の動きに即した作り方であるのに対し、小袖を含む着物は今でも平面裁断で、衣桁に掛けた状態はまさに一幅の絵画そのものです。

 日本の豊かな四季折々へ向けられた、先達たちの研ぎ澄まされたまなざしの中に、連綿と受け継がれてきた創意工夫を発見することができるでしょう。そして、それらを暮らしの中の芸術へと昇華させる表現力の程に、深い畏敬を感じないわけにはいきません。私たちは、これほど豊穣で奥深い、生活に根ざした芸術表現の歴史を過去に持っていたのだと、小袖のデザインを通して認識を新たにする必要があるでしょう。

↓会場エントランス
a0026528_092289.jpg

↓ロビーは30展ほどの小袖をA3大でダイレクトスキャンし細部の技法が理解できるように三倍強のスケールに拡大画像をプリントした展示。エプソンのクロスペーパーを使用しているので、あたかも本物の反物かと思うような仕上がりです。
a0026528_094376.jpg

[PR]
by fantacl | 2006-05-04 00:13 | 美術と展覧会
『武相荘—春〜次郎と正子の暮らし〜』展
白州次郎、白州正子が暮らした『武相荘—春〜次郎と正子の暮らし〜』展
会期:2006年3月1日(水)〜5月28日(日)  ★武相荘.com
a0026528_23222596.jpg

a0026528_2026396.jpg

母屋では、次郎と正子の暮らしぶりを紹介するような展示を考えております。第2ギャラリーにおいては、次郎にスポットをあてた展示をご覧頂きます。開館5年目という節目に入った武相荘へ、是非、お立ち寄り下さい。

a0026528_2323583.jpg

 鶴川の白州邸武相荘は、私の家から車で25分くらいです。4月8日の土曜日、10時オープンに一番乗りで行ってきました。この日は、前半、花曇りの様な感じから、晴れ間がと思ったら、にわかに雷雨。でも伴う驟雨はほんの一瞬で、今度は快晴となりました。なんだか、戦前戦後を駆け抜けた白州夫妻の人生を凝縮したようでした。
a0026528_23242765.jpg

白州邸内でのお昼は、予約制のお弁当が15食限定。予約のない人でも800円でしっかりしたケーキとコーヒーが楽しめます。ミュージアムショップも充実しています。
年間10万人の来館者ということで、羨ましいばかりです。
a0026528_2325156.jpg

今回は、私のつたない文章より早春の風景を載せることにしました。沢山の来訪者がやはり写真を熱心に撮られていましたので、にたようなブログが山のようにあることでしょう、、、

a0026528_23535398.jpg

桃山だったかな、灯明台にそば猪口を置き、花入れにしている白州正子のアイデア。
a0026528_23541652.jpg

庭にひっそりと咲くいかり草
a0026528_20305369.jpg

[PR]
by fantacl | 2006-04-13 23:25 | 美術と展覧会
CHIKAKU/四次元との対話
岡本太郎からはじまる日本の現代美術 / キュレーション 伊藤俊治
ヨーロッパ巡回帰国展 CHIKAKU ―四次元との対話―
会場: 川崎市岡本太郎美術館
スケジュール: 2006年04月08日 〜 2006年06月25日
住所: 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
電話: 044-900-9898 ファックス: 044-900-9966
a0026528_21364348.jpg

2006年4月8日-6月25日 川崎市岡本太郎美術館 (生田緑地内)

グラーツクンストハウスでの日本EU交流年企画「日本の知覚展」の帰国展。
国際交流基金サイトより、
21世紀に入り、世界的にその独自性が注目される日本の芸術表現の特異な展開を「知覚の変容」という視点からあらたに読み解き、新しい形式で提示する展覧会です。英国の著名な建築家ピーター・クックによるグラーツ、クンストハウスの特異な空間を生かして、展示を行ないます。

●もとになった日本の知覚展
■川崎岡本太郎美術館での展示案内

 本日、内覧会に行ってきました。日本民家園もある生田緑地は今、新緑が萌えてサクラ満開です。それだけでも行く価値は正直あります。

出品作家14人中9人が出席したレセプションでした。この展覧会は、オーストリアのグラーツとスペインのビゴー現代美術館で開催された日本EU交流年企画「日本の知覚展」の帰国展です。会場構成、展示とももう少し各人の分量が欲しいところですが、それをおいても優れた現代美術展の一つであるといえるでしょう。

キュレーター伊藤俊治による15作家の先頭が岡本太郎なのです。岡本太郎は、石垣島や日本各地で取材した白黒写真の展示です。「いやったらしさ」こそ芸術の本来であるとした岡本を日本の現代美術の始まりと位置づける企画について、私自身はもっと読み込む必要があります。
私は、出品者の森脇裕之氏、須田悦弘氏と面識があり、それ故に少し複雑な心境です。

展示では、笠原恵実子の金髪インスタレーション「ラ・シャルム」、やなぎみわのゼラチンシルバーポイントと映像インスタレーション「Girls in Her Sand」、中村哲也のスーパーカー漆「プレミアムユニットシリーズ」に注目しました。
でも、なぜか感銘という点では、新人ではない岡本太郎と中平卓馬の写真シリーズに強く感じ入りました。それは一体なぜでしょう。さらに考える必要がありそうです。

 せっかく向丘遊園駅まで行かれるのでしたら、鶴川にある白州正子、白州次郎の「武相荘」まで足を伸ばされると良いでしょう。
a0026528_2137287.jpg
a0026528_21372165.jpg

[PR]
by fantacl | 2006-04-07 23:06 | 美術と展覧会
藤田嗣治→レオナルドフジタ
[生誕120年 藤田嗣治展 -今、明かされる伝説の画家のすべて]
東京国立近代美術館 3月28日-5月21日
a0026528_21321519.jpg

  近代美術館は混んでいた。少しグレイシュなピンクの壁面に仕上げた展示室。1点目は芸大の指導教官だった黒田清輝へのアンチテーゼとされる卒業時に描いた自画像から始まる。印象派の影響で、影に黒絵具を使って色を濁らせてはならぬという時代。(その認識は、なんと私が絵を描き始めた頃もそのままなわけだ。今もそんなに変わっていないような気がするが、、)

モジリアニやピカソとの出会いから一時期キュビズムへの傾倒があり、パリでの初個展で認められはじめたヘチマのようにぬるっとした女性像へ。徐々に"乳白色の肌"を確立した30代は最もフジタらしい傑作がつづく。私は、1923年「タピスリーの裸婦」や1926年「アトリエの自画像」が理屈無しに好きだ。藤田が色彩や立体の画家ではなく線とフォルムの画家であることが確立した時代でもある。

戦争画のコーナーは一転してダークグレーの一部屋。これらはプロパガンダを通り越し、戦争の無念や無惨を描ききるむしろ巨大で崇高な宗教画。戦後画壇の迫害や政治で解釈された不幸な時代が長かったらしい。絵画というものは文字通り絵空事が持ち前で、描かれたそれそのものを見て感じるしかないのに、画家の思惑を超えて勝手な利用や解釈がまかり通り事がある。近年フジタの戦争画がもつ本来の意味への再認識が進んでいる。

この時代の前後は、いわゆる油画技法の立体感を捉え様とする色面の筆さばきに画風が変化し、個性が後退する。それにしても、皇居の隣、北の丸の近代美術館での開催は、この戦争画を考えるにふさわしい。

一転して、ライトイエローの明るい部屋に子供を中心としたイラストレーションのような画面がつづく65歳以降の後半生は、厳しい画業追求の姿勢から、一旦リタイアしたような感覚が見て取れる。ちょとマセて一癖ありそうな感じの想像の子供の表情は、今なら奈良美智の様。しかし、藤田本来の線とフォルムの画家が復活し、以降、礼拝堂はフレスコ技法で描くが、死ぬまでこの画風は変わらなかった。私は彼は日本画家だったように思う。

最後の部屋は70代に洗礼したキリスト教の礼拝堂を模した仕上がりとなる。およそ60年に及ぶ、まさにドラマな人生と表現バリエーションに富む画業を日本初公開20点を含む約100点で俯瞰する、近年希に見る充実した企画だった。できることなら会期中あと2回は行って、じっくり対峙したいものだ。

      *   *   *   *   *   *
 主催の日経新聞とNHKがこぞって放送。4月1日には、テレビ東京美の巨人が特集。2日はNHKで「パリの異邦人〜画家・藤田嗣治の二十世紀」が放送された。美の巨人は8日に後半が放送予定。

それらの元となる2002年刊行で大宅壮一ノンフィクション賞受賞の近藤史人著「藤田嗣治・異邦人の生涯」は講談社文庫で求めやすくなっている。
▲東京国立近代美術館皇居側にいつの間にかレストランとミュージアムショップが増設されていました・・・って、ここしばらく行っていなかったのがばれますね。

戦争画の解釈に関しては、こちらが参考になる。●戦争を背負った画家/藤田嗣治
藤田概説はwikipediaで、 藤田嗣治と検索してください。

さらに、朝日新聞社の白鳥正夫氏の文化考なぜ開けない藤田嗣治展は、実は朝日新聞が以前、開催に向け随分努力した様子が読み取れます。
a0026528_2132321.jpg

藤田嗣治展
会場: 東京国立近代美術館
スケジュール: 2006年03月28日 〜 2006年05月21日
住所: 〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
電話: 03-3214-2561 ファックス: 03-3214-2577
[PR]
by fantacl | 2006-04-02 21:25 | 美術と展覧会
KIMONO 小袖にみる華・デザインの世界展@JAM
女子美アートミュージアム4月〜6月は着物の展覧会です。
室町から江戸期の小袖の特集です。ちょっと遠いですが、ぜひお越し下さい。
a0026528_11255673.jpg

名称:「KIMONO 小袖にみる華・デザインの世界」展
女子美術大学美術館ブログ 
 
開催趣旨
女子美術大学美術館では、近世の小袖41領と裂6点を展示します。小袖とは現在の着物の祖型となるもので、この形態は室町末期から桃山時代にかけて完成しました。その後、江戸時代には様々な染織技法が用いられ、小袖の限られた形態の中に、多彩で華やかなデザインの世界が展開されました。
本展では、近世の小袖のデザインと表現技法に焦点を当て、テーマ「友禅の華」「詩歌の華」「吉祥の華」「絞繍の華」「雅の華」「風景の華」「桃山繍箔の華」に添って展示を行います。小袖にみる華の模様をもとに、刺繍・染織技法・デザインの変遷をたどりながら、そこに込められた人々の美意識や願い、遊び心を読み取っていただこうという企画です。当時の優れたデザイン力と、完成度の高い工芸技術で制作された小袖の美を、鑑賞していただけることと思います。

主催 女子美術大学美術館
共催 女子美術大学研究所
監修 長崎 巌(共立女子大学教授)

協力 カネボウ株式会社、共立女子大学、国立能楽堂、泉屋博古館分館、東京国立博物館、遠山記念館
後援(予定) 相模原市、相模原市教育委員会、神奈川新聞社、財団法人日本ファッション協会、服飾文化学会、文化財保存修復学会、文化庁

開催期間 平成18年4月28日(金) — 6月11日(日) 39日間
       休館日 火曜日
       開館時間 10:00〜17:00 (入館 16:30まで)

会場 女子美アートミュージアム
 住所:〒228-8538 相模原市麻溝台1900 女子美術大学10号館1階
 交通:小田急線相模大野駅より、バス(神奈川中央交通)で女子美術大学行き、終点下車(約20分) ℡:042−778−6801 (直通)
 女子美術大 http://www.joshibi.ac.jp/jam
a0026528_1126887.jpg


★シンポジウムなど関連企画情報はこちら・・・
[PR]
by fantacl | 2006-03-31 11:26 | 美術と展覧会
ミュージアムタウン フランクフルト
この間だよなと思ったことが10年前だったりすることがよくある今日この頃。
あーこの記事もなんと13年前!!! 
インターネットもブログもなかった時代だし、アーカイブとして投稿します。
(そんな時代だったのかって、今では不思議な気もするほどですね、、、)

ミュージアムタウン フランクフルト  Kunst Museum Frankfrut am Main

 中部ドイツ、マイン河が町の東西を貫くフランクフルトは、ドイツ商工金融の中心地として、又、文豪ゲーテ生誕の町として我が国でも有名である。
しかし、人口約70万のこの町に、大小40もの美術館、博物館の類が存在することは、それほど知られていない。なかでもマイン河畔は博物館街とよばれ、8 つの興味深い市立博物館がずら町と並び、その近くに更に5つの博物館が集中的に存在する世界的にも極めて密度の高いミュージアムタウンとなっている。
a0026528_12442259.jpg
美術関係の主なところでは、河畔の工芸博物館や建築博物館、絵画博物館、絵画のシュテーディル美術館、彫刻のリーピックハウス、中心街近くの現代美術館、シルン美術館など盛り沢山である。観光客は市の中心街ツアイルでのショッピングや食事のあと、河畔への道をたどれば、必ず幾つかの美術館、博物館に出合うルートを取ることになる。

まず市中心地近くにあってひときわ目を引くのは、建築家ハンスホラインの手により最近新築となったMMKこと現代美術館である。ベージュを基調とした外壁に、この地方特産の赤砂岩を縁取りにあしらって形を締めた構成と、直角三角形の敷地ピッタりに切り立ったその姿は、ドイツ語でいうショートケーキの意味でトルテと呼ばれ、市民の人気を集めている。

内部は3層に重なり、およそ70平米から200平米までの40室に分かれ、基本的に各部屋ひとりずつの羨ましい展示構成になっている。その殆どがボイスやデマリア、ドナルドジャツドやビルビオラといったドクメンタなどで、お馴染みの現代美術作家の特集であるが、全ての作家に推薦者であるキュレーターの名も、セットになってパンフレットに記載されている点が興味を引く。

More... つづきはこちら・・・
[PR]
by fantacl | 2006-03-26 12:34 | 美術と展覧会
絵本原画の奥深さ
 東京駅大丸美術館で始まった「 絵本作家ワンダーランド 世界の絵本作家展II」に初日の夕方行ってきました。 世界の絵本作家展II 絵本作家ワンダーランド
a0026528_1243546.jpg
入ってすぐにバージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』の原画が8点あり、目が釘付けになってしまいました。原画は絵本と同寸でこれまた小さいのです。そして、ビルに囲まれてしまったおうちは3.5センチほどと本当にちいさいおうちなのです。そのかわいらしいおうちが最後に引っ越した丘には昔いた丘のようにリンゴの木が満開なのでした。(桜かと思いましたがリンゴの木でした)
原画は、ケント紙風の紙の上に描かれ、岩波のシリーズで見るよりも遥かに深みを持った水彩の幾重にも重なる密度が豊かなグラデーションを見せていました。
a0026528_14212915.jpg
さわやかなユーモアを漂わせるジョン・バーニンガムをへて、デッサン力抜群のガブリエル・バンサンの「アンジュール・ある犬の物語」は、スピード感ある極少のストロークで全てを描ききります。

12年前に、ほぼ絵本読みの子育てを終えてしまった私は知りませんでしたが、日本人作家の荒井良二、酒井駒子、出久根育らの新しい仕事にもとても興奮しました。
これからは、自分のためにゆっくり絵本を楽しむ機会を増やしていきたいと思いました。
荒井良二は、大きな国際賞を受賞して注目されたそうです。絵は、長新太と漫画家の谷岡ヤスジをあわせたような屈託のないタッチ。絵や人の感覚空間の楽しさと自由さをおおいに感じさせてくれます。荒井良二オフィシャルHP

1940年代作から2004年まで14作家、約180点の原画が展示されています。

More
[PR]
by fantacl | 2006-03-24 12:41 | 美術と展覧会


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル