ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
カテゴリ:出張と現地の風景( 18 )
大阪は天満橋
a0026528_15551174.jpg

天満橋から中之島方向を見ています。河端の桜は開花が始まったばかり。
下の写真は京橋方面のビル群を見ています。
夕日に浮かぶビル左側にある大阪城あたりまでは桜の名所だそうで桜祭りは大変な込みようだとか。
a0026528_9595530.jpg

[PR]
by fantacl | 2008-03-26 15:55 | 出張と現地の風景
杉本博司のような瀬戸内風景
おぼろげな海と空の狭間で、曖昧な水平線。
まるで杉本博司の白黒写真「海景」シリーズの一コマのようです。
a0026528_065063.jpg

なんともまったりと凪いだ3月28日の山陽本線から撮影した瀬戸内の風景です。
a0026528_071062.jpg

[PR]
by fantacl | 2007-04-30 00:11 | 出張と現地の風景
不都合な瀬戸内風景
すでに一月前になりますが、3月27日に出張で広島へ行ってきました。翌28日は午前8時に山陽本線を使って山口に向かいました。普通このルートは山陽新幹線を使います。新幹線だと1時間ですむところを2時間半かかって、瀬戸内の厳島神社を遠くに見つつ岩国などを経由して各駅停車で進みます。時間が許せば運賃も約3分の一で済みますし、なかなか風情のある在来線ルートはおすすめです。
a0026528_061324.jpg

岩国の化学コンビナート群から立ち上る排気はやけにドラマティック。「不都合な真実」の一場面のようです。おそらく水蒸気がその主な成分だとは思うのですが、、、。
a0026528_062871.jpg

[PR]
by fantacl | 2007-04-29 00:07 | 出張と現地の風景
桐生のお焼き屋さん"佳寿ひらかたのおやく"
群馬県桐生市は市役所通りにレトロなお店があります。「佳寿ひらかた」は、信州や上州名物のお焼きにヒントを得たオリジナルな"おやき"を販売しています。店主は私の高校同級生の平方君。開店から3年目、毎朝小麦粉にジャガイモの入ったニョッキ風の独特な生地を仕込む店主です。一口大の"おやく"は、無農薬野菜や総菜など、こだわりの食材を駆使して30種もあるのです。このほど群馬の情報誌"raifu(ライフ)"の巻頭に紹介されました。私はお節介にも◎おやくブログ作りを勧め、手伝うことになったのでした。
a0026528_18482299.jpg

a0026528_22565162.jpg

a0026528_22584798.jpg

[PR]
by fantacl | 2007-02-01 19:00 | 出張と現地の風景
レンガ倉庫への道すがら
 今年第二回目のメディアアート学科卒業制作学外展が始まった。会場は、昨年に引き続き横浜MM21の煉瓦倉庫。6時からのレセプションに間に合うように馬車路駅からぶらぶら海側に歩く。左側MM21方向の夜景スカイラインを眺めつつ、煉瓦倉庫に近づくと、右隣の海上にあるはずのないビルが見えるではないか!ビルと思ったものは、実は大桟橋に接岸している客船だった。それはクリスタルハーモニーを改装した日本一の豪華客船「飛鳥2」だったのだ。このところの暖かさから一転した寒風のなかを悴みながら煉瓦倉庫を通り過ぎて思わず足を伸ばし、撮影してきた。画像は、携帯で撮ったものなので、鮮明さに欠けている。デジカメでも押さえたので、その内アップしよう。
メディアアート学科二期生卒業制作学外展 XXpress展アルバムアップしました!
a0026528_03851.jpg

a0026528_032427.jpg

[PR]
by fantacl | 2006-03-01 00:13 | 出張と現地の風景
愛・地球博のプロモーションディスプレイ
a0026528_12371287.jpg
広島駅で見た愛地球博のプロモーションディスプレイ。植栽に白色LEDのイルミが巻き付けてあって、遠くから目立ちました。でも、、、、。

環境保護をうたった愛・地球博、ボクはまだ行っていません。今のところはっきりした予定も組んでいません。

80年代中盤の筑波科学博でテクノコスモスの仕事を皮切りに、89年の横浜博三菱未来館、ハウステンボスやスペースワールド、90年に大阪花博で花博郵便局の内装を担当するところまで、博覧会とかかわりました。その後は、広島博やアジア太平洋博など地方博を見てまわるのみです。最近は去年浜名湖花博を見てきました。

電通など大手広告会社と施工会社が入り乱れて、巨大映像中心の展示で構成する手法は、全く変わっていないようですね。どのパビリオンもおなじような演出、手法、テーマ、コンセプトで、、、。

環境問題に正面から鋭くせまり、空間と映像を使ったインタラクションや実物展示で五感から問題の本質を伝える、といったインスタレーションがあるのかないのか、とにかく行ってみないと分かりませんね。

広島の市電を乗り換え乗り換えしながら被爆の後を止める遺構や原爆記念館などを巡っている方が、よほど強く人と技術や環境との関係性について考察したり受信したりするものがあるのではないかという気がしてしまうのですが、、、。行っていない者の僻みかな。

__
MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com

人気blogランキングへ
[PR]
by fantacl | 2005-08-10 12:37 | 出張と現地の風景
桐生祭りとまゆ玉転がし大会
a0026528_16373547.jpga0026528_13161830.jpg
桐生祇園屋台。これは三丁目の矢野の前広場に設置されたもの。組み立てに150〜200万円かかるとかで、元気のない商店街には大変な負担らしいです。地元の有志か、神楽の奉納をしていました。
わたしは、この左に建つレンガ倉とその前で、まゆだま転がし大会の審査員を務めていたのです。


a0026528_1345341.jpg
a0026528_134358.jpg

今年で、9年目のこの大会は、群馬大学工学部の楠本教授が発案したのでした。それ以来、楠本研究室が中心になって盛り上げてきたのでした。桐生有隣館レンガ蔵に集合した繭玉の数は60個にもなります。

「おめかし部門」と「転がし部門」というエントリーがあります。つまりアーティスティックインプレッションとスピードを争うテクニカルインプレッションなのです。市内の保育園や幼稚園が毎年がんばっています。私の工房の隣組(正面)の北保育園は常勝チームです。保母さんや保護者がとてもがんばって、綺麗な飾り繭玉を作って参加しています。

それにしても、審査員席は毎年とても過酷な状態です。この日は、37度と過去9年間の中でもほぼ最高気温でしょう。西日にあぶられつつ、きっと40度近くなっているふらふらする仮設ブースの中で、合計3時間ほど座り続けなくてはいけません。熱中症にならないように冷やした手ぬぐいで首筋を冷却しつつ、60組の転がし疾走とパフォーマンスの採点をします。お昼から始まって、行事全部が終わるのは夕方6時半です。全くのボランティアで地元貢献以外の何ものでもないです。

a0026528_1319472.jpg
●to MINORI YAMAZAKI's HP●

人気blogランキングへ

[PR]
by fantacl | 2005-08-06 16:37 | 出張と現地の風景
INAXビルの7階から銀座通りを一望
a0026528_1625331.jpg
「ひろがる・銀座まちづくり、つながる・銀座の道」と題した美大生からの提案展をINAXギャラリーで見てきました。女子美、日大、ムサビ、多摩美の環境デザインと建築系の学生達の提案展でした。
下を横切るのは、首都高です。ちょうど京橋の上ですね。改めて路面の綺麗さにおどろきました。ゴミが一つも落ちていません。


MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com
[PR]
by fantacl | 2005-07-29 16:25 | 出張と現地の風景
梅田センタービル
a0026528_12465511.jpg
大阪進学相談会出張で。
タイトな時間だったので、詳細の取材が出来なかったのが残念。
梅田駅からJRの操車場を挟んで徒歩15分掛かってしまう。

原広司設計




MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com

[PR]
by fantacl | 2005-07-09 12:46 | 出張と現地の風景
自由が丘ー2
3月30日の自由が丘散策スナップのつづき。
 ローラアシュレイのインテリアショップ。店内に並ぶテーブルランプが可憐でかわいらしい。向かいのファッションテナントは壁面のウルトラマリンというかネービーブルーが引き締まって大人のグレードです。


a0026528_2345639.jpg

a0026528_23451919.jpg

a0026528_23453390.jpg

a0026528_2346863.jpg


ローラアシュレイのあるコーナー風景。
さらに、St.Christopher TEA Gardenを奥に見る一角です。
ほぼ10年前くらいから王由由さんのお店が雑誌に紹介されはじめたのが今日の半ば観光地化した自由が丘の始まりだそうです。

背景には、日本の経済力や文化の成熟があるでしょう。
もちろん、東急東横線と大井町線のアクセス条件や近郊の高所得者層の広がりがあるわけです。
[PR]
by fantacl | 2005-04-02 23:54 | 出張と現地の風景


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル