ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
怪しい教授にはVISAをださないぞ!!
2009年4月23日記    前科一犯になっちゃうかも、、!?!
a0026528_132893.jpg

※夕日に映えるレテビ塔、ベルリン大聖堂、ドイツ歴史博物館など(2008年8月撮影)

ベルリンミッテのアパートから歩いていける範囲にも十分ありますが、や地下鉄や市電を使えばさらに沢山の見るべきところへ簡単にアクセスできます。中世前後のベルリン。近代の戦争やホロコーストのベルリン。冷戦下の東西に引き裂かれたベルリン。モダンデザインとアートのベルリン、、、。
a0026528_13282736.jpg

※ウンターデンリンデンの夕日。右はドイツ歴史博物館とフンボルト大学。左はオペラ座、ベーベル広場、旧図書館。(2008年8月撮影)

昨日、日本大使館へ行って、在留届を出してきました。窓口に行くまでが結構物々しいかったです。飛行場のようなX線装置や金属探知機を通ります。最初の受付はドイツ人の女性で日本語駄目、次の窓口も中国系のオジサンで日本語駄目。三番目の窓口でやっと日本人のおばさんが出てきて、受け付けてくれました。
a0026528_13285025.jpg

※ベルリン大聖堂と旧共和国宮殿の解体現場。ここは、戦前に建っていた王宮を復活させる計画。(2008年8月撮影)

そこで、ドイツの外人局へのVISA申請について聞いたところ、申請から実際に発行されるまでにかなり時間がかかるそうで、なんとさらに、特に問題なのが大学の客員研究員や医師の申請だそうです。半年滞在の帰国一日前になってようやく発行されたお医者さんもいたそうです。
a0026528_13292984.jpg

※DDR時代の国会だった旧共和国宮殿の解体現場。アスベストがあった関係で解体に三年がかりとか。ここは、戦前に建っていた王宮を復活させる計画。2013年に完成予定。(2008年8月撮影)

普通に考えると最もVISAを取れやすい身元がしっかりした申請者なのに、なぜか今のベルリン事情では、とても滞留しているそうです。一つの原因は、東欧地区やトルコ、イスラム圏から労働者として流入する人々が膨大であることだそうです。
a0026528_13291061.jpg

※TIREGARTEN脇に立つ日本大使館のいかめしい建物。

でもなぜ、研究職までその影響を受けるのかな??と疑問のままですが、兎に角、申請意志を示し、メールを送ったプリントアウトや、窓口を訪ね待合い番号をもらった紙の票であるとか、アクションした証拠(紙)を獲得するようにとのアドバイスでした。
a0026528_13493448.jpg

※日本大使館のある通りはHiroshimastrasseです。
外人局に行くときは、朝7~8時頃から並んだ方がよいとのことでした。で申請手続きまでたどり着けて尚、発行が間に合わないで帰国してしまったら、努力した証拠の紙を持って日本のドイツ大使館に行って、抗議をして、不法滞在の汚名を返上しないと前科一犯になってしまうのだそうです。
a0026528_1350994.jpg

※ポツダマープラッツPotsdamar Platzにあるベルリンの壁

保険も、日本でかけたAIUでは駄目だそうで、こちらの保険が必要だそうです。受け入れ証明はフンボルトのハルトムート先生から書いてもらっているので大丈夫。女子美からの経済保証を英語で書いてもらう必要があります。なんともまた一仕事です。やれやれ、、、。(でも、後日ミュンヘンでの申請時にはAIUの海外旅行保険で大丈夫でした。)
a0026528_13502179.jpg

※ポツダマープラッツPotsdamar Platzにあるベルリンの壁。DDR時代の制服を着た男が、入国VISAに必要だった複数のスタンプを押してくれる。
[PR]
by fantacl | 2009-10-29 12:52 | ドイツ滞在
<< ハンザ同盟のリューベックへGO! iPhoneとiPod tou... >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル