ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
四次元の立方体万華鏡 CUMOS 展 のお知らせ
12年ぶりに個展をやります。
11月26日から12月7日までの11日間、銀座6丁目のギャルリーヴィヴァンです。
33年前、大学1年の10月に考え出したアイデアの発展形です。
「ヤマザキミノリが1974年、芸大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が30年の時空を経て復活しました。昨年10月「大人の科学vol.13」で紹介され、再び注目を集めています。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。」
詳細は、以下のリンクにありますのでよろしくお願いします。
「四次元の立方体万華鏡 CUMOS 展」CUMOS(キューモス)の点線面
a0026528_1450725.jpg

■1974年、立方体万華鏡の発想のきっかけとなった芸大一年時の課題内容と記念すべき第一号CUMOSの写真と当時使用していたスケッチブックのページを公開しました。★FIRST CUMOSのページ
[PR]
by fantacl | 2007-10-16 14:54 | デザインとアート
<< 上毛新聞社120周年企画でイン... ターリーはくちゅくちゅ気分 >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル