ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
『ミラクルワールド万華鏡』に参加出品します
a0026528_2254068.jpg『ミラクルワールド万華鏡』パート3 展に26CM立方で内部映像が変化するCUMOSを2点出品します。ヤマザキは初日に講演会、8月11日と19日には立方体万華鏡を作るワークショップも行います。 

会期 :7月14日〜9月17日
  7/14〜8/31 午前9時〜午後5時30分
  9/1〜9/17 午前9時〜午後5時
  休館日:7/17、8/20、9/3、9/4、9/5、9/10

会場 : おかざき世界子ども美術博物館
入館料 :大人 300円 小中学生 100円
開催概要 :※以下は企画のギャルリーヴィヴァンのサイトより。

おかざき世界子ども美術博物館では、平成19年夏休み企画展として、平成12年、平成15年に開催され、大変好評であった万華鏡展を、さらに進化された「ミラクルワールド万華鏡・パート3」を開催いたします。
1816年にスコットランドの物理学者デヴィット ブリュスター博士によって発明された万華鏡は、その後世界中の子ども達に夢と喜びを与えてきました。科学とアートの融合をこの万華鏡の中に見出した博士の希望は、今、新しい形で紹介され、いろいろなジャンルに影響を与えるようになりました。
手にとって覗く個人的な楽しみから、最新の高度なハイテクを使った大型万華鏡まで、万華鏡の楽しい世界は、どこまでも広がっています。今まで、海外の作家が主流でしたが、最近は、日本にもたくさんの万華鏡作家が誕生して、益々美しい作品が現れてきました。
今回は、日本初公開ドンドークの大型12面体万華鏡、海外作家の個性的な作品、3Dイメージ作品の数々、国際万華鏡協会展出品作品より、優秀な作品の紹介等、驚きと感嘆の世界に限りはありません。
更に、オープニング特別イベントの「不思議鏡空間・のぞきアート」の公開制作をはじめ、親子一緒に楽しむ万華鏡制作プログラムも充実しています。
世界でも珍しい当館での、夢の万華鏡世界をお楽しみください。

[オープニングイベント](参加無料)
A:7/14 10時〜 【大型不思議鏡空間・のぞきアート】を一緒に組み立てよう!
   講師:金三男/園田高明 /小野泰蔵
B:7/14 特別公演
   1時〜「小さな宇宙・箱型万華鏡の不思議」 講師:ヤマザキミノリ
   1時30分〜「らせんの秘密を探るミクロへの旅」 講師:元島楢二
親子ワークショップ:不思議のぞき箱にチャレンジしよう。
7/14 2時30分〜4時
7/15 11時〜12時30分 2時〜3時30分
   講師:園田高明/ 小野泰蔵
8/11 /19 11時〜12時30分 2時〜3時30分
  講師:ヤマザキミノリ
各回定員 30名 /材料費 800円

■不思議アートのぞき箱・立方体万華鏡のワークショップについてはこちらの記事をどうぞ

CUMOS cubic cosmos scope
CUMOS COSMIC BOX

 
[PR]
by fantacl | 2007-07-12 22:57 | 日記的なもの
<< 立方体万華鏡ワークショップ目白押し ノマディック美術館グレゴリー・... >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル