ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
cumosを17年ぶりに展覧会出品します。
『第7回国際万華鏡協会展』
:The 7th International Kaleodoscope Association Show
a0026528_8431078.jpg
IKA国際万華鏡協会が主催する展覧会に33年前に私が発明した立方体万華鏡CUMOS(キューモス)を出品します。たった2点ですが招待万華鏡作家としての展示です。6cmタイプのcumosの販売もあります。
cumosの東京での展示販売はおよそ17〜8年ぶりくらいになります。会場は、銀座のギャルリーVIVANです。


[会期]
公募部門:6月4日〜6月13日
招待部門:6月14日〜6月23日
招待ビジュアル部門:6月4日〜6月23日
  *11:00〜19:00  *最終日は17:00まで
[会場] ギャルリーヴィヴァン

ヤマザキミノリ発明の立方体万華鏡cumosについてのリンク
a0026528_845831.jpg

Minori Yamazaki's Artwork blog ヤマザキミノリの作品ブログ
[立方体万華鏡cumosは、いわゆる三角柱型の普通の万華鏡とは違い、無限宇宙イメージが三次元空間に拡がるタイプです。1974年にヤマザキミノリが発明したオリジナルで1985年に実用新案を取得しました。
従来の万華鏡はイギリスの物理学者ブリュースターが19世紀初頭に発明しました。以来200年間、筒型が基本で普及した万華鏡の世界に、新しくヤマザキの立方体型(サイコロ型)三次元イメージの万華鏡が加わったのです。]
[PR]
by fantacl | 2007-05-18 08:45 | 日記的なもの
<< 「無限の光の世界」ムービー掲載... 杉本博司のような瀬戸内風景 >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル