ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
桐生有鄰館でグループ展
『私たちの卒業制作展』と題して、群馬県桐生市本町にある有鄰館でグループ展が始まりました。近代化遺産の倉庫群である有鄰館の洋酒蔵を使っています。20代の若手3人と私を含む50代2人の小さな5人展です。25日(日)までですが、明日の木曜は休み。毎日午後1時から8時までです。
a0026528_1825714.jpg

テキスタイル系若手3人のクリエーターにまじり、ヤマザキも修了制作だった立方体万華鏡cumos(キューモス)を展示しています。この企画のコーディネーターである写真家の利根川さんも出品しています。利根川さんは桐生のクリエーターがたむろするバー「デジャブ」のマスターでもあるので今回のキーマンなのです。

桐生との関わりは五人五様ですが、あらためて美術実技の卒業制作を一緒に展示することで、それぞれのキャラクターがコラボレーションして新しい場ができあがりました。
私自身は、27年前の修了制作時の初心を再確認して、クリエーターであった約30年間のこれまでと、クリエーターであり続ける、これから先30年の節目としてこの展覧会を見るといった感慨をもちました。

↓女子美工芸卒の松本真希さんの和紙を好き込んだようなシルクオーガンジーのテキスタイル。彼女は和紙で有名な埼玉県小川の出身。
a0026528_17465824.jpg

↓静岡出身でパリに4年間留学していた笠原奈央子さんのファブリック7点。
a0026528_17472138.jpg

↓27年前制作のヤマザキの立方体万華鏡cumosをのぞき込むお客様。
a0026528_17474168.jpg

↓デジャブご主人の利根川泉さんの写真は20年前にヤマハの雑誌を飾ったもの。
a0026528_17475471.jpg

↓東京は葛飾出身で造形大卒の関優さんの織りの作品。40種もの穂をつけた雑草が織り込まれているシリーズ。卒制で造形大賞受賞作。
a0026528_17481830.jpg

↓有鄰館洋酒蔵の入り口あたり、左手前のお社と二本の楠の大木が歴史を醸し出しています。その写真はまた後で、、。
a0026528_1854173.jpg

[PR]
by fantacl | 2007-03-21 17:48 | 日記的なもの
<< はるはねむたーいのだ! 桐生のオリジンスタジオ >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル