ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
KIMONO小袖にみる華・デザインの世界
 女子美アートミュージアムで桃山から江戸期の着物である小袖を特集した展覧会を開催中です。6月11日までで、火曜日が休館です。実行委員長と館長として2年越しで企画を仕込んできたので、開催にこぎ着けることができて感慨深いものがあります。せっかくのとても貴重な本物の文化遺産の展覧会です。しっかり広報をしようとブログも新たにつくりました。
●女子美術大学美術館blog ↓展示室風景。国内では大胆な露出展示です。
a0026528_010889.jpg

 小袖のデザインの歴史には目を見張るものがあります。本展のKIMONOの表記は、それらの持つ価値が「着物」の表意を超え、今まさに国際的な芸術的評価を持つものであるとの認識を表しています。

 小袖は約三百年間に渡って、染めや織り技法とのせめぎ合いを伴って、模様として発想しうるテーマとデザインが文字通り百花繚乱を繰り広げてきました。多くの民族の衣服が体の動きに即した作り方であるのに対し、小袖を含む着物は今でも平面裁断で、衣桁に掛けた状態はまさに一幅の絵画そのものです。

 日本の豊かな四季折々へ向けられた、先達たちの研ぎ澄まされたまなざしの中に、連綿と受け継がれてきた創意工夫を発見することができるでしょう。そして、それらを暮らしの中の芸術へと昇華させる表現力の程に、深い畏敬を感じないわけにはいきません。私たちは、これほど豊穣で奥深い、生活に根ざした芸術表現の歴史を過去に持っていたのだと、小袖のデザインを通して認識を新たにする必要があるでしょう。

↓会場エントランス
a0026528_092289.jpg

↓ロビーは30展ほどの小袖をA3大でダイレクトスキャンし細部の技法が理解できるように三倍強のスケールに拡大画像をプリントした展示。エプソンのクロスペーパーを使用しているので、あたかも本物の反物かと思うような仕上がりです。
a0026528_094376.jpg

[PR]
by fantacl | 2006-05-04 00:13 | 美術と展覧会
<< My TABでおすすめ展覧会リスト 美術館博物館のネットによる情報... >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル