ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
その名は、名和晃平 GUSH展
 昨日夕刻に行って参りました。谷中の入り口に建つ元銭湯ですね。銭湯空間がコンテンポラリーのギャラリーになっています。 ★GUSH 展

 一昨日、朝日の夕刊に大きく報じられたのに、17時半からの30分間は私一人でした。世界的といっても間違いのない内容のコンテンポラリーアートを間近で見ることができるというのに、これが日本のコンテンポラリーの状況なのでしょう。

 発泡ポリウレタンのSCUMシリーズが2点、接着剤のクモの糸のグルーシリーズ、それからどうやって描いたのか分からないスタンプのようなドロウイングシリーズです。出品15点くらいですが、価格は要相談のポリウレタンインスタレーション以外は100万円の作品以下8万円まで、ほとんど売れていました。一般の方々の入館状況とは次元の違うアートマーケットでしっかり捕捉されているのでしょう。

 実在を情報化するピクセルやプリズムシリーズに代表される手法が複数の様相で発揮されていました。目の前の実在、現実なのになぜか情報としてみえる重さのない存在に成っているトリックによって、ものの存在や人間の知覚認識のあり方を問い直してくるインパクトを持ってコミュニケートしてきます。
a0026528_22221637.jpg

a0026528_22223890.jpg

※写真は、SCAI THE BATHHOUSE外観と正面のガラス窓から無理に撮影した内観。
名和晃平 GUSH 展
場所:SCAI THE BATHHOUSE
日時:1月20日(金)−2月25日(土) 12:00-19:00 日・月・祝日休廊  無料
[PR]
by fantacl | 2006-02-17 21:49 | 美術と展覧会
<< しゃくぜんとしないものが・・・ ミトンちゃんMINTONだね〜 >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル