ミノリン教授のクリティカルな日々。いたずらターリーぬいぐるみ日記もいっしょ。 ★4月~9月までのドイツ研究滞在日記を半年遅れで掲載中です。 
by fantacl
横浜トリエンナーレ2
10/24の記事(一つ前の投稿)は、一緒に美大受験浪人をしていた川俣正に偶然あった経緯から、バイアスがかかって、読みづらいものになってしまい大変失礼しています。

いずれにしても、横浜トリエンナーレは、このところのコンテンポラリーアートがもっとも重視する場のあり方の一つの提示として、興味深いものがあると思います。

私が感じるに、前回のパシフィコ横浜での会場と比較して、予算的に三分の一くらいになっているのではと思わせるくらいの一見したクオリティーです。

でも、前回以上に現代美術が身近になった感じを体験させてくれる展示構成であるとも言えます。

事実、子供達の歓喜は、比較にならないほどだと思うのです。低予算、超短期な設計日程で川俣はどれほど苦労したのだろうかと思ってしまいますが、本人も言っている現場でたたき上げてきた作家として、キュレーション側と作家側の両方の気持ちを理解しつつ、おそらく川俣マジックのフレーバーがかかって、やっと実現した今回の「場」だと思うのです。

みなさん、晴れの土日は是非、横浜トリエンナーレへ!
a0026528_023615.jpg

追伸:残念な点は、食べ物屋さんがチープすぎだと思うのです。「知」のそもそもは、味覚による食材や料理の選別からだというように、食と味覚をあの広い空間のメジャーな部分に展開して欲しかったです。西側護岸縁にベッタリと狭く押し込められた食ゾーンはいただけません。西側は折角の海も見ることができないし、学園祭の屋台ののりで良しとしたようです。
[PR]
by fantacl | 2005-10-28 00:02 | 美術と展覧会
<< イルミネーションデザインと施工... 横浜トリエンナーレ >>


カテゴリ
いたずらだ!ターリー
おや自虐ギャグ?
ドイツ滞在
ビミョウなお味じ
ちょっと手料理
ファンです
美術と展覧会
デザインとアート
ICT & WEB2.0
出張と現地の風景
上海の街角
広州の街角
広州出張授業
旅、乗物
季節はめぐる
日記的なもの
ワークショップ
オリジンスタジオから
about Minori Yamazak
タグ
記事ランキング
最新の記事
検索
以前の記事
LINK to my other Site & Blogs
ブログジャンル
その他のジャンル